SaeSky

sae oshio
stereo voice

ベジタリアン

ベジタリアンが、多い。
って前にも、書いたっけ?
でも、ホントに多くて、私の友人も同居人も。
中でも、Veganと呼ばれるタイプのベジタリアンの人達は、
ホントに動物性食品(乳、卵、蜂蜜なども)は一切食べない。

私の近くには、Veganの人はいないのだけど。
基本的に、こちらの生活で、肉を積極的に食べる人をあんまり見ない。
(いや、います。ソーセージ、ビール、っていうのも、パブでは定番だし。。でも私の周りはいない。。です)
わたしは、特にベジタリアンではないのだけれど、
元々肉を余り食べないので、特に不自然ではなかった。

でも、こうしてなんとなく気がつくと肉離れの生活に入り、
そうなってくると、スーパーで、ピンクの肉の塊をどっさり購入していく人をみると、グロ、、い。。
って思うようになってて、なんだかんだお肉コーナーには行ったことがない。

ベジタリアンの人達は、何食べてるの?
って思っていたけど、実際ベジタリアンにも色んなケースがあって、
結構、チーズはo.k、とか、魚はo.kとか、もちろん野菜も。
それと、みんな、よくナッツを食べる>タンパク源。それと豆乳。

こっちは、物価も高くてとにかく外食なんてできないので、
家で作って食べるが、基本。もちろん昼もサンドウィッチを持っていくか、
一回帰って来て食べたり。。
東京で、通勤途中にコンビニによっておにぎりを買っていた生活に比べると、確かに体に良い感じがする、しかも疲れない。
3年くらい前に、「私。。人生でコンビニのおにぎり何個食べたかな?」
とか、思ったことあったな〜。(はたと、思って怖くなり、その日から出来るだけ、自炊になった。)
まあ、家で作って食べることがいいのくらい、東京でもわかっていたけど。。いそがしさが、先行して。つい。

話は、戻って、この間Veganの人が、「革ジャンを着ている事」と、
「革靴はいてる事」について、話していた。
矛盾はぬぐえない。。よね〜。

友人に教えてもらってよく行く食材屋の名前は、その名も[real food]
日本だと、めちゃめちゃ高い暮らしになってしまいそうな、ベジタリアンlifeだけど、こっちでは、スーパーと変わらない値段で、有機野菜だとか、穀物、コーヒー、調味料、その他洗剤等の日用品が買える。スーパーは、大量に売っているので一人暮らしには、何でも一つづ買えるここが便利。


特におしゃれな感じでもなく。(店員の女の子がAvril Lavigne(アヴリル・ラヴィーン)に似ていてかわいい。。それもいいとこ!)

そんなわけで、こっちで感じたのが、
「お食事つくって友達を呼ぼう!」
なんてなった場合。
あの人は、何がダメで、この人はこれがダメだわ〜
とか、すごい気を使わなくてはいけないのだろうか?
と思うと結構大変だな。。ってこと。

実際、友人の家に気軽に夕飯食べに誘われても、
いつもなら、すぐに思いつくのに、お酒以外で
食べ物もっていこうと思うと、こまる。

結局、色々考えて、、、美味しそうなケーキとか、パイとかあると
買っていっちゃう。(自分が食べたいから)

ここに来る前までは、ベジタリアンのイメージってかなり、
ストイックで厳しい感じがしたんだけど、そこまででもないんだな
と。
油モノに弱い私にとっては、実にすごしやすい、環境。de su






photo by saesky
<< degree show glasgow | main | casio×2 >>









http://saeoshio.soranomado.com/trackback/526376

このページの先頭へ