SaeSky

sae oshio
stereo voice

音環境

渋くてすばらしいセットができた。



こいつは、すごいです。


レコードが良いw





photo by saesky

ASPECTS 2011 - Japanese Contemporary Prints / 日本版画協会展



来週から、タイで展示がある。
それと、京都でもある。

というわけで、ここのところは作品の搬入。
新しいアトリエで、がっちりレイアウトしてから気持ちよく制作に、、なんて言ってる間もなく。
段ボールあけながら、制作してます。

きっと制作しながらアトリエが出来上がっていくのだろう。
引っ越しは、作品整理と道具の掃除ができて良い。
でも、ものすごく疲れるので、できれば当分したくない。。。






photo by saesky

引っ越し

アトリエを引っ越しました。
ブログに向かう時間もなく。
今後少しづつ、様子をupします。


引っ越し先は、山吹町。大日本印刷、凸版印刷がすぐ裏手、完全に印刷の町です。
うちの一階も活版印刷やってます。
初めて見ました。こんなに大きい機械を、、、!!
日本で一番大きいらしいです。巨大な鋳造の鉄の塊がものすごいパワーで動く。
格好良い。そして、若干恐ろしい。。


版下〜印刷全てを手作業でこなす社長。
DTPに於ける全ての技をもっている。(デザインもだね。。。)

70歳で現役。
私がよろめく紙の束も。さっと持ち上げる。
そしてとにかく段取りが速い。
かっこいいです。

ついつい師匠の話に聞き入ってしまった。
学ぶことめちゃくちゃ多いです。



 




photo by saesky

個展



 梅雨です。
すっかり。。。
今年も半分。
いろんなことがありました。


一つ一つまじめに、丁寧に向き合う。
それがすべてだと思います。

さて、個展がはじまります。

少し変わったかもしれません。(変わっていてほしい!)
会場で感じて頂けたら。。。

是非。




photo by saesky

おひさしぶりです。



お久しぶりになってしまったblogです。

言い訳は、いろいろ色々。

1、日々あわただしく、振り返る時間がなかった。
2、毎日あまりにかけ離れた世界(現場)の行き来にどこを切り取っていいのか迷う。
3、ブログというものについて考えてみた。

などなど。

そして、最近upしてないね。げんきですか?
というメッセージ。。

再会。致しますーーーっ。




photo by saesky

展示のお知らせ

Print composition 2010 多摩美術大学版画教室40周年展に出品します。





会期  10月23日(土)〜11月21日(日)
時間  10:00〜18:00(入館は17:30まで)
休館日 毎週火曜日(祝日にあたる場合は翌日)
会場  多摩美術大学美術館

多摩美術大学版画教室の創設40周年を記念して、卒業生、教員等の現代版画作品約150点を展示。

http://www.tamabi.ac.jp/museum/exhibition/default.htm


photo by saesky

日本の風景

ちょっと前に。。。
silkサイクル荒井さんの工房を訪ねました。一言じゃ語れない、金属の現場。。。
楽しかったです。





埼玉の鳩山。日本の風景。ここに全国各地から色んな人がやってくるとは。さすがです。






photo by saesky

延長。

アトリエ探し。

かなりのプレッシャーでしたが、
本日、大家さんのご好意にて残り数ヶ月でありますが、
延長可能と相成りました。
ほっ。。。







photo by saesky

休憩

最近、仕事や制作共にエディション制作作業が多くて、マシーンのような一日を過ごす。

とはいえ、集中力の限界はぎりぎりまで使うと失敗が近い。

うまい休憩と集中が出来た時は、やっぱり絶妙に仕事が速い。
そして、充実した仕事内容。
これは、全てに於いてですね。












photo by saesky

アトリエ問題

もう数ヶ月で出なくてはいけない、アトリエ問題。

こういう日が来ることはわかってたけど、本当に憂鬱----。
いつも頭の片隅にありつつ、しかしなかなか本腰で探せず。
最近まじめに探し出しました。

ただ、、探すとないのがアトリエ的物件。

今まではかなり良い環境、立地だったからなかなか同じスタイルを見つけるのは難しいだろうし。
この際。変えてみるのも良いのかも。。。生活を!

半年後、どこにいるのかね〜〜〜。








photo by saesky

夏休み

世の中夏休み。



今日は、教室があって。子供達は、みんな夏休みの旅行の話をしてます。
佐渡に沖縄、長野に京都〜〜〜。


今年は、瀬戸内、名古屋で国際アートイベント。
名古屋は、空いた日にすぐ行けそうだけど。

瀬戸内は、しっかり時間ともったいないしなー。

日射病になりそうなので、すこししてからゆっくり行くのも良いかもw

アトリエの蝉の鳴き声が半端じゃなくなってます。
情緒があるとかいう話ではなく、もう騒音レベル。
人の声が聞こえず、しかも夜ですから。。。
すっかり、蝉は夜鳴く虫になってしまってます。




photo by saesky

展示終了

個展が終わって一週間?
まだ一週間?何だろ、、忙しくしている。
展示まで先送りにしていた仕事や、お礼、発送、作品撮影。。。
と思っていたら、夏の教室も。。。

今回の展示では、反省や課題もあるけれど、嬉しいことがいくつかあって。
これからが楽しみになる。


最終日、搬出間際に来てくれたもなちゃん、はなちゃん。お手伝いいただきありがとう!
そして、、、2年ぶりぐらいにあった福井さん。
お忙しい中駆けつけて下さって、「お久しぶりです!」
なんて話の後に、搬出手伝って頂くハメに。
ほんと、恐縮です!mm そしてありがとうございました。

相変わらず、補助輪外せずの私ですが、皆様今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

暑い中、お越し頂いた方々本当にありがとうございました。





photo by saesky

すいか




祖母が個展に来てくれた。
足が悪いので地下会場は、ばあちゃんにとってはものすごい大変な事。
画廊の方も出て来てくれて、ゆっくり、ゆっくり降りる。

会場に入って脚のコロコロする椅子に座って、作品一つ一つよーく見ておしゃべりする。

美大に入ってから今までの間、初めての出来事。
いつかは、おばあちゃんに見てもらいたいと思っていた。

普段なかなか会えなくて、今までも制作話はあんまりした事がなかった。
ただ、今どこで何をしているかの報告はしていた。

自分がどんな事をしているのか?何を考えているのか?
美術とはあまり関係ない生活をしているばあちゃんに伝えるのは、なんだか難しい感じがしたし、いつもちょっと戸惑う感じだった。

一度じいちゃんが健在だった頃、作品ファイルを見せた事がある。
私の絵は分かりづらいのもあって、二人ともずっと天地を逆にページをめくっていた。
私が、「逆さまだよ」っていっても、ちっとも気にせず....ニコニコしながら
「難しいねえ〜」っていっていたのを思い出す。

そして、いつも「がんばってるね。身体には気をつけるのよ。」って応援してくれる。


今日は、なんだか大きめな作品が並んでいて、ばあちゃんはいったいこの会場が、どんな風にこの会場が写っているのだろう?
とても不思議な気分だった。

作品をじーーーっと眺めては、うんうん。。とうなづく。
こんなに長くじっくり見られて何だか恥ずかしいような、、、。

今まで、口で言えなかった自分の仕事を会場に来てもらって見せる事ができて本当に嬉しかった。
ばあちゃんが見た私の作品への感想を聞けた事、自分の仕事場に来てくれた事。幸せな日でした。一緒に来てくれたおばちゃん、お留守番のおじちゃんもありがとう〜


付け加え。。。。

そんなばあちゃんは、地元(三浦)のすいかを4玉も土産にもってきていた!!!(@@!!
(自分は、横須賀からタクシーで来ているのでなんてことないが、、、)
普通に「4つもってきたからね〜」というばあちゃんは、ツワモノ〜。

銀座で突然すいか4玉を渡されるのは、衝撃的。
きっと今までもこれからもこの体験ないと思います。

これからは、毎日すいかw。
三浦のスイカは、美味しいよ〜〜



photo by saesky

自転車

昨夜、midtownへcyckle envent に行って来た。

歴史から、遊び、商業者、スポーツ etc...........

美しかったね。





photo by saesky

音楽

気持ちのよいため息が出てしまう。
そんな音を聴ける環境が家にあったらいいな。
って思うと。
そういう環境を作った友人が近所にいる。

うーん。open eyes!





photo by saesky

会場

週末の本日も沢山の方々にご来場いただきまして。
嬉しい限りです。
今回の展示は、自分にとってもかなり未知の展開。
みえるものが変わったから。

毎日ギャラリーで人に会うのが楽しみです。

後一週間。
皆様お時間ございましたら是非お越し下さい。
お待ちしております。







photo by saesky

個展はじまりました。

暑い中。

ご来場して下さる皆様に心より感謝申し上げます!


昨日今日は、小林先生はじめ多摩美の仲間、東北でお世話になっている方々、上野毛の皆さん。
それから、浅野さん、浜田先生、ターレンスの古賀さん、石垣さん、資生堂の樋口さん、新美術新聞の油井さん、松山さん他版芸の方々等、いつもお世話になっている方々に来て頂きました。

明日も画廊におります。お時間ございましたら是非お立ち寄り下さい。





photo by saesky

飛ぶように

飛ぶようにすぎていく7月。

個展に向けて、蒸し風呂のアトリエで作業をしていると、
「夕涼み」という言葉を心底味わえる。

アトリエからは、夕日がきれいで、富士山と月が4階のベランダから楽しめる。
日中は、暑くて戦いなんだけど、麦茶をもって夕涼み。。の時間、、
蚊取り線香の匂いもしてきて。。。
うーーっ。日本さいこー!!

今日は東京音頭も聞こえて来たよ。

個展の前は、アトリエの壁の至る事に、やらなきゃメモが張られていて
帰りに剥がすのがちょっとした楽しみ。

でも、まだ剥がすメモがありすぎる。
あと一週間か。





photo by saesky

山形

大学の授業で、山形に来てます。

いつも思う。
空が広くて、雲の量感がすごくて。
最近東北方面よく来るな〜。

今は、田んぼの緑がすごく強い。
ありが、でっかい。








 
photo by saesky

w cup

勝ったねーーー。初戦w

明日は東北。
準備しながら横目に、、banzai!!





photo by saesky

釣り2

釣りの記憶は、ほんとに沢山あるのだけど。

釣りを始めると、読む本も釣りっぽくなっていく。
井伏鱒二を筆頭に、釣りの世界を共感出来る作家には、特に熱がっぽくなる。

そして、釣り研究体制に入る。

そしてそして、渓流ならば、テンカラ釣りと。
難しいし、下半身冷えるし、緊張感あるし。なんだかベテラン界だし。

私は、そんなに良い竿を持っていませんでしたが、テンカラの竿は美しいんです。
疑似餌もね。繊細で〜
プラスチックとかゴムじゃないよ。(っていうとルアーフィッシャーに怒られそうだけど。)

当時バス釣りも流行っていて、多摩や神奈川の湖に夜釣りというのもあったなあ。
バスっていうか、ブルーギルが大量増殖していた。

そういえば学生の頃、ロバートレッドフォード監督で、ブラッドピットとクレイグ・シェイファーが兄弟役の「A River Runs Through It」が、大ヒットして、世の中が空前のフライフィッシングブームになったりもした。

やっぱりブラピの影響は大きなもので、大学のアトリエの裏でフライの練習(3時と10時)やったりして。

何だか益々行きたくなる。

、、、、個展までは制作と仕事。

これ。
ちょっと前にみた。70年前のルアー上のは布製。







photo by saesky

釣り





子供の頃、よく父に連れられてキャンプに釣りによく出かけた。

夏休みは、父の改造したキャラバンに乗って、本州を旅した。
改造といってもかなりの手作り感で、コンパネ作った引き出し式の棚が
ハッチバックに設置されていたり、コップをつるすかわいいフックがあったり、
窓のカーテンは母が作った、アニマル柄の飛んでるカーテン。

わが家では、これをキャンピングカーと呼んでいた。

が、、小学校の高学年になった頃。
本物のキャンピングカーに出会った。
でっかくて、シャワーとかついてて、テレビもあって、キッチンもある。
..............
衝撃!全然違う!

うちの、、キャンピングカーは。。

オリジナリティー溢れすぎている!!

でも、まあ。
なんだか、よそ行きでない感じが結構好きで、気に入ってました。

カーフェリーに乗った記憶や、川風呂に入ったり、天然流しそうめん、、とか。
懐かしいです。


そんなわけで、学生中は、しょっちゅう友達と釣りに行っていた。
私は、渓流釣りが特に好きで山梨、神奈川あたりには、ポイントがいくつかありました。
バイト代で上州屋へ行き買い物。前日に仕掛けを作り、、。

楽しかったです。

川は、水の流れや地形の変化などで日々様子が変わり面白い。
そして何より、渓流の景色は光がきれいで、川魚は、美しい。と思う。

(海釣りは、小さい頃日射病になりそうになった記憶が、消えず。あと船酔い。)
過酷なイメージありです。

最近めっきり、行かなくなってしまったのですが、先日釣り話が出て、
またそろそろ行きたいな。と思いました。






photo by saesky

様子@新潟展示

お客さんが来るまで。。
ちょっとだけ撮りました。




今回懐かしの作品も並んでます。(10年前か。。。はやいな、、)





こちらは、ショーケースコーナー。

作品と版木を一緒に陳列してます。

版木と並べると口で説明するより数倍速く伝わりますね。




photo by saesky

きらり

今日は、新潟。
展示のギャラリートークでした。

休憩中。
美術館裏で、。。

なんか、目をむけた先にいたの。



photo by saesky

日課

日課をつくるのが好きなわけではない。
のに。。。

日課が増えて。

自分で自分の首をしめてる。。。。。。(t t)


今日から寝る前の日課に腹筋を入れてみます。

明日は、学校。
最近4年生は、皆就職活動でアトリエに来たときの顔がみんな疲れているのよね。
大変よね。頑張れーーーー!




photo by saesky

久しぶり

久しぶりにtachikawa sokoにいった。




ここは、みんな変わらない〜
no.3の一階は改装されて、いい感じの打ち合わせスペースが出来ていた。
ついつい。。。仕事を終わって、他愛も無い話が楽しいです。



どうやら、今ドラマの撮影現場としても使われてるみたいで。
なんかきれいだったなあー。(いや、いつもと変わらずきれいです。笑)

あそこで制作していた時は、疲れると窓を開ける。
向かいの棟がちょうど見えて。。

遅くまで灯り付いてると、「お。まだいる!」と
何となく心強かったのを思い出します。
「つくる」日常が集まった場所は、ほっとします。

itoさん始めno.3の皆さんお忙しいのにありがとうございました。
出来上がり楽しみです。




photo by saesky

日常

仕事終わってアトリエに直行の日々。




昨日は、momochanの展示@日本橋とシロタ画廊によって個展のdmチェックと
新潟のお知らせ。。

最近電車で、しっかり寝る癖があり時々ビクッとする。
今日は、おっきく膝を跳ね上げ、、恥ずかしくて顔を上げられず。(><)

本日は、版画日。
すこし、摺り方を変えてみてる。

休憩する独りがけの椅子に座ると、横目に入る。
描き途中のタブローと日課のスケッチ、張ったばっかの白いパネル。
あーー。
なんか手が遅いの?
仕上りの予定.........過ぎとる.........

絵の具も買い足さなきゃだ。


明日は、撮影。
久々に会うクリエーター仲間。
楽しみ。





photo by saesky

oto

YAHAMAホールでチェロを聴いた。
音が良すぎて。 前のめりでした。

もともとチェロの音って、何だか身体の真ん中にじっくり入って
頭のうしろに抜けていくような
なんとも言えない音色で特に好きなんだけれど。

中でも、Mindaugas Urbaitis の minimal classic music......(.Bachを原曲.)は、
おもしろかった。
6台のチェロのボリュームにもびっくりしてしまう。

何と言おうか、ホールのすばらしさもあって。
音と音が向かって。飛んで。音のイメージがみえる......................
なんて説明したらいい?

良かったです。




photo by saesky

椅子

nakama chanの椅子。
とうとう壊れました。何となく拾って来てくれた椅子でしたが、
何だかんだ、6年連れ添いました。
何回かペンキをぬって。
沢山の人が座って立って。

お疲れさまでした。

ありがとう〜





photo by saesky

新潟 陳列

今日は、朝から新潟で展示陳列。
会場は、新潟の十日町の美術館です。



駅に迎えに来て頂き、辻元子さんと合流してーおそばで昼食。
天気もよくて、田園に囲まれ〜日本っていいなあー。

十日町は、越後妻有アートトリエンナーレの頃は相当な人のようですが、
今日は、静かで美術館の周りは避暑地のようでした。




会場で大下さん、根岸さんも合流。
今回、各々過去の受賞作品も出品しているのですが、なんだか思い出蘇ります。
(いつの間にか大下さんは2児の母、辻さんは3児の母でw、ママ偉い~~!頭上がりません。。)

あまりに久しぶりで、ついついおしゃべりが止まりませんでした。
肝心の展示陳列も美術館の方々のおかげでとてもスムーズに終わり、見やすく分かれてます。
今度行くのは、会期が始まってから。
私は6/5に根岸さんとギャラリートークです。








photo by saesky

話。思い。

...............
結論が出てから伝えるものと思いがちだが、
着地点を模索しているときに伝えられた方が、なんだか良いときも多い。
という話。

................
論議する必要のない事、でもそれは論議のタイトルとして必要な内容。
そんなものってあるかも。
という思い。




photo by saesky

荷造りfor新潟

6月4日〜新潟の美術館で版画の作家4名の展示をやります。
それにあたって。3月から諸々準備。

過去の受賞作品も陳列するとのことで、作品の捜索。
自分でも何回かの引っ越しを経て大分整理はしている、、はず。
だけど、現在2カ所に分けて保管している作品達は、近年のものはともかく
10年前の作品は自作の段ボールカルトンをひっくり返す始末。
(特に版画はエディションノートと共になんだかカオス、、)
反省でした。

一応最近の作品も含め搬入は無事終わりました。
来週、陳列配置決めで新潟です。

今回の展示は、久しぶりにお会いする大下百花さんや辻元子さん、根岸さんが一緒で。
楽しみです。3月に、館長さんと学芸の熊谷さんがアトリエに来て下さった時は、まだまだ先だな。。と思ってましたがあっという間。

ちなみにほんとにいつも思います。
ppバンド考えた人ってすごいね〜〜




photo by saesky

最近

連休明けは、強烈なアレルギー性鼻炎にに悩まされてた。
で。。。
先週。

ryojiのopening。with momochan...@六本木
同級生。ってなんだか嬉しいね。
作品も面白いんだけど説明が、らしくて良かったです。笑)
momoちゃんと会うのもすごい久しぶり。
帰りにメキシコ料理食べながら、メキシコ訪問の話と近況話。
今月momochanも個展。

ナベユウの個展@銀座
私は、彼女の作品好きです。今回の作品も好きです。
仕事終わりでギリギリだったけど。しっかり残ってます。
この日は、いろんな方々と一緒になり、、話が交錯して。
ナベユウ本人とあんまり話せなかったne。


photo by saesky

GW

急に暑くなった。
珍しく晴れ続きの連休。

先週は、突然休講になってしまったりゴタゴタでした。本当すみません。

夏に向けて運動を始めた。
今日も、仕事の前に takako chanと3時間。。
プール後の様な疲労感。(プールは入ってません)

午後 仕事ーアトリエ。
本日2点上がった。
少し疲労したくらいの頭の方が最後を決めるのに良いのかもと思った。

夜マイちゃんが来て、アキバのオムライスの話と5月からの制作予定を話す。
そういえば、ミナミも最近来てるかな?
何となく。。。アトリエ来るとミナミが刷った形跡があって。
作品乾燥してあって。
おお。出来てる。。。!
(あ!今日、アトリエ掃除しました。先週慌ただしく帰宅して、作品トッチらかっていました。すまんmm)






photo by saesky

たまたま

仕事帰りに寄り道したら。
たまたまそのビルの地下で、北爪君の展示をやっていた。
プラリと入ったら本人がいて。。ビックリする。
本日からだったようで==
こういう、たまたま出会う友人の展示等は、何か妙に嬉しく思います。

前回からまた新しい展開をしていて。
今まであんまり聞いたことなかった制作について、、おしゃべりしました。
http://www.artdiv-hpf.com/tokyo/




and
2つ程startしたひそかなプロジェクト。
決意表明への充実感。気持ちがいいねー






photo by saesky

いろいろ

昨日鉛筆箱の鉛筆を片っ端から、削る。
だいぶ短い鉛筆ばかり。
美大を目指してた受験期、誕生日に鉛筆を大量にもらい。
この鉛筆箱に長い鉛筆がびっしり詰まって、ものすごく嬉しかったのを思い出す。


今日は、展示の搬出と銀座opening。

100日の船旅から帰還した海老塚先生@ギャラリーQ と5月からTAで一緒になる吉川さんの個展@シロタ画廊。

7月の展示までそんなにないne。
考えながら歩いて帰る。










photo by saesky

時々思う。

ビジョンが見えることは、とても快適。
イメージがないとホント動き続ける、、。制作も日常も。

得てして、何か一つのことしか出来ないというのは、ネガティブに受け止められそうだけど。
結構ありがたい事なのかもしれない。
私も、何だかんだいって美術の世界の中の一部に携わり、学生時代からこれしかやっていない。
そして、今更新しい事なんてそうそう出来ない。

でも、こうして一つしか無いと言う事は、迷う必要もないし、迷っている場合でもない。
やることは明確。(よくも悪くも。。)

6月の展示、7月末の個展、最近アトリエにいる時間が増える。





photo by saesky

いくつか。

何だか。ここのところの気温の変化に、寒がりで移動の多い私はかなり参っている。
単純に寒いので未だにコート着て出かけると、「もうその格好はもうナシでしょ」
といわれる。
でも寒いしね。風邪は絶対まずいし。
完全に季節外れだとわかっていながら着用。(負けじゃないさ。)

だから今日みたいに温かいと、身も軽く用事を増やせる〜

仕事帰りに、森美術館他展示に寄る。

前に職場が一緒だった雨宮君の映像、パフォーマンス。
距離や関係。。時間と共に巻き込まれていく感じ。
生もの。面白かったです。






photo by saesky

新学期

3月は、年度末で諸々の仕事の整理整頓に終われ。
4月に入ってからいろんなスタート準備を行う。あー後手後手。
先週は、個展のプレス用作品の撮影と6月の新潟展示準備、テキスト作成。


大学も新学期。
新しい仲間と久しぶりの顔ぶれと。
ちょっとワクワクするのが4月。
皆様今年度も宜しくお願い致します!






photo by saesky

緑道

サクラは、散り始める頃が、又豪華ですね。




私の行動範囲には、サクラ並木がずっと続きます。



自転車生活。冬場はかなり縮小気味でしたが復活。です/

photo by saesky

友人

日本映画ばかりを見てみようと。
最近返しに行くたびに、数本づつかりて、、、。
ここで、止まった。
3週間で15本も見たんだな。

!!な作品2本。




話変わって。。

ちょっと前に、学生時代は演劇ー今は映画関係の仕事にたずさわる幼なじみと話した。
もう長い付き合いで、私のうだつの上がらないだめな性格もよーくわかっている。
友人は、仕事も自己管理も実にストイック。そしてちょっと前には結婚しプライベートも大事にする。
しかも、就職してからは芝居仲間やクリエーターの仲間に、惜しみなく応援もする。。(経済援助も!)私の中では信じられないスーパーな人。。

演劇をしていた頃も信じられないくらいの時間を投じて随分話題の劇団だったし、
絶対その道で行くのだろうと思ったが、何故か足を洗ってしまう。
私は、仲間が減ったような気がして心細い感じもしていた。

昔から、私は「なんでYは、本を書かないの?」といっている。
でも、Yは、「自分は違う」といい。私には「あなたは、迷わず頑張りなさい」という。
もう何年も、この会話をしてきた。
Yは、今大手配給会社のプロデューサー。

そうか。。合ってるな〜すごいなあ。
こんな人がプロデューサーなんて最高じゃない?
芝居する側にいて作ることを知っていて。
もの作りをわくわくしながら熱く語っていた君がプロデューサー!

でも、今回久しぶりに話をして、何だか参っている感じ。
去年一年相当大変な仕事だったみたい。
映画も商売。何億というお金動く、、私には想像出来ないよ。
プロデューサー稼業は、私も少しだけそのような人たちとお付き合いがあるから
大変な「操縦のお仕事」だと思う。
しかも作り手からすると、お金や時間の交渉も多いし憎まれ稼業っぽい。

いっつもがんばれ、がんばれって応援してもらったから、
是非ここは、私も応援したい!















photo by saesky

昭和 二大オブジェ

アトリエ敷地内にて。。昭和 二大オブジェを眺める。

こちら、集合住宅にある代表的なオブジェ。
今の時代こんな華奢なハシゴがあるだろうか。
最上部の柵もかなり細い。




いっぽうこちらは、重厚感と存在感をもつ立体造形物。
でも、ここで遊んでいる子を近頃見た事が無いのだけど。



ノスタルジック。。健在なのね〜


photo by saesky

kyoto

版画協会展の授賞式レセプションがあり。
京都に行ってきました。

京都はサクラのシーズンど真ん中。
町中花見です。

きれいだな〜というか、人の数とサクラの数とが過ごすぎて。。
「とにかく派手!!」

移動続きで途中寄ったillyでの休憩は、団体さんもいないし、やっと確保出来た静かな時間だった。

illyのカフェと言えば、イギリスで下宿先のインターネットが使えなかった数週間、
スタジオ帰りに毎日5、6時間は、pc作業をしていた思い出あり。
(店員さんが妙に親切で、電源タップを貸してくれたり、クッキー持ってきてくれたりしたなあ。。)



夜も遅くまで、この時期の京都は満開〜



photo by saesky

いつものゆめ

もう何年経つかわからないけど。
同じ夢をみる。
大概個展の前や作品の仕上げの頃。

夢を見ながらあーまたこの夢。きたなあ。
と、、妙に客観的に思うときもあれば、すっかりその中にいるときもある。

今回は、夢をみながら続きを操縦出来ないだろうか?と考えてみた。
すると、だんだん思考が先に立って景色はぼんやりと。。。
・・・覚めてしまった。

夢らしい。いきさつ。




photo by saesky

年度末

まったくもって。。

お久しぶりのブログです。
ここ最近は、色々と忙しくなってしまい。
更新出来ずでした。

2月になって、今年の大まかな展示の予定とイベントの予定が立って。
そして、気持ちは焦る、、、。

ここ毎年ですが、来年は見えない。

というか、

今年の後半も見えない。

だから、突然やってくるものに対応出来る体力とモチベーション、いつも持ち合わせていたいと思います。


今週は、確定申告も終わってw
新年度に向けて気持ちも新た!
アトリエのレギュラーメンバーの顔ぶれも少々変わり、掃除 and 作品整理。
大きめ新作品に取りかかっております。

明日は、版画協会の搬入=
サクラの季節だね〜〜。


2月名古屋仕事をしてまして、唯一撮った仕事以外の名古屋。



photo by saesky

この時期。。

先週で、大学は終わり。。
どこもだいたい入試シーズンです。

一月は、学生の卒業制作の時期。
やっぱり近くで見ていてもエネルギー全開!

学生の頃、教授に「卒業制作の作品を超えられる作品を発表し続けるのは、大変だよ〜。」
と言われたのを思い出します。

思えば大学院の一年目。。。

学部時代に猛ダッシュして制作していたのに対し、
作品について考える時間が急激に増えた。
結局、院一年目にして、版画作品は、数えるほどしか、完成しなかった。
(同じ版をひたすら摺っては変えて摺っては変えてを繰り返して。)
担当の先生は、いい加減あきれた様子。。。

大学院最後の年を迎え、大量に残された「試し刷り」と「ドローイング」、、、。
ふと我にかえり、よく摺ったな〜〜私。。この版もよく耐えたね〜。としみじみ。
マップケースを整理しながら、なんだか妙にすっきりして
大学院2年生は、淡々と制作しはじめた。。。
そして、最後の年は人生最大の版画作品を連作で作り、修了〜。


でもこの「じっとりした一年」と「ボロボロの版木」と「大量の試し刷り」が今の作品のきっかけになってしまったわけで、今思えば。
学生生活:ありがたい時間!

格闘してるときは、なかなか結果が出ず何だか煮え切らない日々の作業に、
嫌気がさすし、自分自身でも混沌としてくる。
それが、「確かに必要な時間だった。」と気がつくのも後からだし。。

いまも、これは繰り返し。
でも今は、あんなにのんびりできないから、ね。。。

冬はなんだか、制作に集中できる気がするのも、卒業制作の頃からなのかしらね。




photo by saesky

2月!

久しぶりのブログです。
ブログやるなら毎日upしないと〜って言われております。。

今日は、雪。
何だか久しぶり。八王子に勤務してた頃よく雪かきしてたなあ〜。
夜アトリエで作業してて気づいたら積もっていた〜/

早く帰んないと電車無くなるけど。樹が多い私のアトリエ付近は、あんまりにきれいで、、
雪見最高!
都会にありがちな。。大雪に興奮!
(帰りは、足元悪くてぐったり。。)

芸工大(山形)のみんなは、こんなものではないんだろな。。
そう今頃卒業制作展だね。頑張れ!!











photo by saesky

ein frohes neues Jahr2010





新年明けましておめとうございます!
本年もどうぞよろしくお願い致します。

今年も例年通り、制作と年賀状書きの年越しです。
大晦日ってなんでこんなにも、いろんな締め切りがあるようにかんじるんだろう?
朝から、大掃除して、郵便局行って、、除夜の鐘の時間があっというまにくる。

今年は、未明に近所の駒繋神社に行ってみた。


photo by saesky

年末関係

junyaの展示も無事終わり〜おつかれさまでしたのその日。。
恒例の大掃除 and ペンキ塗り。しました。
今回は、マイちゃんに加え、カメラマン修行中の工藤ちゃんが素晴らしい仕事っぷりを見せてくれて〜〜


速!美!


塗り上がったところで。junyaが、不破と一緒に搬出作品到着〜


いやいや、真っ白って気持ちがいいですね。
みんなお疲れさまでした!

次の日。。。

久しぶりに、大学の頃の愉快な仲間たちとダラダラ忘年会。。昨日のメンバーも一緒。
っていっても、集合時間も場所も誰が来るのかもわからない。時間に渋谷に行ってみると、、。
案の定加藤君しかいないし、、(彼もわざわざ福島から来たのに。びっくりよね。笑)徐々に集まって。。tomoちゃん他、何だか初めて会うけどすごく優しそうなドラマーのkazu君(フルネーム聞けなかったわ〜)を含め皆で大笑いでした。

久々にtomoちゃん新作!一同感動mm



一件目が終わる頃言い出した本人が、やっときて〜。
タブーって言葉がなくなる。いや、よくしゃべり、笑いました。
皆、近所で普段会えそうなんだけど、三茶のtsutayaで会った以来。。
それから。。続いてました。。ね。
junyaは、明け方うなされていたそうで。。


で、次の日アトリエの忘年会。。。

ikedaにナベユウ、マイちゃん、工藤ちゃん、ミナミ、カン、不破、junya(体調不良で欠席)
またもや渋谷で、場所決めず。。。
後半にnodaさんとレンちゃんも来た〜

いつも、みんなには、本当に助けてもらっているし一緒に色々とできる事うれしい限りです。
今年も、皆さん本当に色々とお世話になりました。
ありがとう!


今年もあと2日!年賀状、制作!!
やります。







photo by saesky

ww

今日、仕事帰りにモアイの前。


??このマーク!
って思って調べたらこんなprojectだったんね〜
http://steal-japan.jp/

切ない事業仕分けの文化事業の話題の中。
なかなか。面白い仕業でw





 
photo by saesky

koyo

東京の紅葉。
@明治神宮



雨上がりで、木の葉の匂いが気持ちイイ=



週末は、町田国際版画美術館で大学版画。

今年も色々な方にお世話になりました!mm

photo by saesky

日々

12月です。いつものことです。が、、速い。
 
あと一ヶ月で、今年の整理整頓していこう。


今、版画と連連作品(タブロー)やってます。




最近気づいた事。

アトリエ帰りが、終電ぎりぎりのダッシュ。。
作業中、ipodのシャッフルに飽きてラジオを聞くのですが、j-waveのプラトンという番組が
終わるともうぎりぎりダッシュの時間です。
番組後半になると自然に掃除しだす条件反射。。

電車に乗る事が多い毎日ですが、乗り換えの接続について、歩きも含めて完全なタイミングでクリアできると妙な充実感。。



 
photo by saesky

live

日曜日夕方robinのliveに行ってきた〜
ここのところ、忙しい合間をぬっては、私の展示やらイベントに来てくれて。出演もしてくれて〜

いつもありがとう!


行くまで場所が把握できてなかったけど、、地図を頼りについてみれば。。
あれ。DAAD GOETHE - INSTITUTE。
久しぶりだあ、、。ドイツへ行く前にお世話になった〜。
そういえば。
始めてここを訪れた時、「まさか。ドイツ語まるでしゃべれないのに研修行きたいなんて、、」
言え、、ない。。
と、思いながら色々と説明を受けていたような。。。

そんな、久しぶりの場所。
今回は、中島剛さん(piano)他、のだめに出演されてる海外組の俳優さん?いやミュージシャンの方々とリラックスしたlive。
なんだかんだ初めてrobinの演奏を静かなホールで聴いたかもしれない。。
(マドラウンジも、hillsもリキッドも、、いつもいろんな音がしていて、なかなか集中して聴けなかった。)
 
というわけで〜聴き入る。。 

Beautiful ! celloもpianoも大好きです。
すばらしかったです。気持ちが良かった〜〜。

ちょっと前に、robinと制作の話しや音の話をしたんだけど、こうして気持ちがよい時間を提供できるっていいね。。やっぱり。

そして、クリエイティブな仲間が、こうしてaccidentalに創造や表現の現場を作れることは、
とても楽しいし、素敵な事。

良い時間でした〜













photo by saesky

art and science

先日芸大で行われたart and scienceのシンポジウムに行って来た。
諸々時間に限りがある中で、行われるシンポジウムというものは、ある程度の答えを出す
必要もあり、構成が難しいなといつも思う。

今回は、野依さんや利根川さん他理研関係の科学者のゲストと芸大チームという感じ。

文化材としての見解や、天使の翼のポジションの審議等々。(笑)
artとscienceの両者の関係は、どういうものであるのか。。など。。

今回が、幕開けのような雰囲気だったけど、どんな展開になっていくのだろう〜〜




photo by saesky

先週末

展示レセプションの為名古屋方面へ。。。

久しぶりの東海新幹線view.



で、いつものを頂きました〜味噌に煮込みについては、山本屋の本店or総本家で分かれるところらしい。私は、名古屋在住の妹の推薦により本店愛好家〜
このあとは、やはりコメダで、コーヒー。。


会場。。櫃田先生と。。


先生とは、朝中津川駅でばったり会って行きと帰りの車中一緒でした。
帰りは、くりきんとんを食べながらのんびり風景を楽しみながらおしゃべり。。
久しぶりにのんびりした時間でした。
中津川の付知というところは、川沿いに道路があり、絵本やお話に出てきそうな小さな橋や、吊り橋があり、四方は紅葉で囲まれ本当に気持ちのよいところでした。
いかにも、熊谷守一の生地という感じで、素晴らしい自然の在る場所でした。
大きな、自然を感じることは、原動力!
がんばろっと!



 
photo by saesky

science agora1

お仕事で、関わっている。
science agora 会場に。。。


 

妹(脳科学者)がオーガナイズしている
小出五郎氏(科学ジャーナリスト)のトークを聞く。
http://www.science-communication.jp/
会場には、その他三名の若手科学者が互いの科学や研究という仕事について、話を繰り広げていた。
小出氏は、80年代後半NHKスペシャル「驚異の小宇宙」のチーフディレクター兼キャスター。
この番組、今見ても時代を感じさせない映像と構成内容。
とても面白い。
この番組をみて育った若手科学者は多いそうで。
私の妹もそのうちの1人。
http://www.youtube.com/watch?v=s4bKbK_7QQw&feature=related 

現在放映されているテレビ番組では、なかなか制作される事がなさそうなプログラムの一つ。
ちょっと前にBlu-ray Discで販売された planet earthも、BBCとNHKが共同制作した美しい映像だった。
こういった、手間のかかるプログラムは、確かに制作費と時間を要するけれど、確実に歴史的に残って行く作品となるし、それらが与える衝撃や、感動は、こと細かに説明をしたりおもしろおかしく作り込む教育番組より、よっぽど視聴者の記憶に残る。
そして、何より考える。

ジャーナリズムとは、、やはり情報を伝えることの向こうに視聴者や読者が考えるきっかけを
作れていることが大事ないのではないかしら。。。

最後のトークセッションで。
印象に残った言葉は、いくつかあるけれど、、その一つに。

「人間は、二本足で立っているという事。
研究だけでは、立てない。
社会との関わりやまつわる仕事を同時に行う事で、上へ向かって立っている事が出来る。」
という話。
 


あらためて、実感してます。
photo by saesky

workshop

二週に渡って開催したworkshopが終了。
インフルエンザの大流行で、出会い頭の問題勃発?!いや、なんのその。
楽しく充実した時間でしたw
ご来場頂きまして誠にありがとうございました。
当日の様子は、近日soranoamdoproject のHPにupされる予定です。。

さて、ここ数日は、次の制作のイメージ、アイディアで頭を巡らす日々です。
作品に対するなんだかいい期待。
 
 




photo by saesky

展示色々

昼過ぎに、文房堂で生涯学習の生徒さんの展示会場へ様子を見に行く。
私のクラスの皆さんは、とても素敵な方ばかりで、展示を見た後山の上ホテルで、お茶をした。
山の上ホテルは、初めて言ったのだけれど、風情があって素敵なところ。




少し重めの家具と、アールデコの手すり、シャンデリアやタイルプレート。。
山の上ホテルって名前も素敵。

 

生徒さんだけど、私にとっては、版画以外の事を色々と教えて頂く頼もしい方々。
とても楽しかったです。

その後。。。。。銀座 
 養清堂画廊へ天野純治さんの展示に、、。 
相変わらず、吸い付くようなきれいな色と潤った感じが素敵です。
芸工大で一緒の広澤君と野田先生と奥様にお会いする。。。。

つづきまして、、、表参道
多摩美の助手の鷹野君の展示。
インクジェットを使ったモノタイプ作品。
面白い!片側壁面に一杯に飾ってあったシートの山が好きです。
ここで、色んな人と合流した。。。

という訳で、、何だかぞろぞろ、、近くでやっている北爪君の展示にもいく。
ものすごい久しぶり。たぶん、10数年ぶりに本人とも会ったし。作品も現物とあうのは、その位ぶりかもしれない。
でもなんとなく覚えている昔の作品から、一貫した彼の制作に、
もっと見てみたいなあと思いました。

そして、最後に駅でばったりあった、三田君の展示@spairal,は、間に合わず。
もう一回来よう。。ってことで、
 
よく歩いた。日。




photo by saesky

音の中

一つの音の中にもいくつもの音があるって話。
今見えているもの、聴こえている音、
それ以外のものとの関わりについて。。。


 
photo by saesky

ワークショップ始まりました!

本日一日目。
クロマトグラフィー。



soranomadoproject らしい。「ゆったりワークショップ」がスタート。

色んな、人が一つ机を囲み。色々と疑問や意見を交わします〜





私自身も、自分の色の概念を見直し。はっとさせられたのでした!



明日は、光の装置を作ります/
当日参加も歓迎です!お時間ございましたら是非あそびにいらして下さい〜
soranomadoproject @IID
photo by saesky

thank you!

今週末から、ものづくり学校でワークショップです。
色々と準備も整って参りました。。。
今回、大人のclassは、のんびりゆるくやりたいです。

実験と制作を中心に好奇心とクオリティー。。共に満足できる時間を提供できたら〜
って当日は私達も楽しみます!

ここのところ、1人じゃ手が回らなくて、mai-chan , jun-kun, nabe-yu いつもの頼もしい仲間。隙間をみては手伝ってもらっています。
many thanks!!!!!

これ。。今度の日曜(25日)のgoodsの一部。大人の工作。。結構ハマります。是非!









photo by saesky

熊谷守一大賞展

熊谷守一という作家がいて、大好きな作家です。

「自分を生かす自然な絵をかけばいい。下品な人は下品な絵をかきなさい、
 下手な人は下手な絵をかきなさい。」 
「下手にかけたからといって
 消してもやぶいても
 下手にかけたという事実は消すことはできない。」

やさしいようで、実はとても厳しいことばであったり、ズシリと来る言葉です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/熊谷守一

そんな作家を記念した。
熊谷守一大賞展 ビエンナーレ。。で大賞を頂きました。
自分が日々制作で感じる様々な事、色々な思い、
熊谷守一に共感し考える事が多かっただけに、何だか嬉しさひとしおでした。
この夏から秋にかけて、描いていた2連の作品です。

この絵を描き始めた時、どうしても久しぶりに行きたくなって、急遽田舎の中田島(浜松)に行きました。日射症になりそうなくらい暑い日に強行。
お墓参りや諸々も最近随分行っていなかったので、それもかねて。。

よく、私の作品のモチーフになっていたりするので、中田島砂丘ってどんなところかしら?
と、なんとなくすごいエネルギーを感じさせてしまうような話をしてしまうのだけれど、、
たいして広くもありません。砂丘と呼べるかわからない、、砂浜?いや砂の丘。。
丘の向こうに海がある。砂の色もグレーです。でも妙に粗暴で野生で野生的な魅力があります。

遠州の風〜水平線〜人気のなさ。
砂に返されて歩けない感触。生えっぱなしの雑草。当たり前だけど日陰なし。
なんだが、強くて繊細なのです。
滞在時間はほんの少しだったけど、行ってよかったと、
何かを取り戻したような時間でした。
  
ありがとうございました。
 
展覧会が始まったら作品をupしようと思います。





 
photo by saesky

TSUZUKI ART PROJECT



せわしないままに。突入。
TSUZUKI ART PROJECT本日搬入でした。

私の作品は民家園古民家内の20畳の和室と土間辺りに陳列されております。
ドタバタで、事前の協力が殆どできず、本日あたたかく迎えてくださったスタッフの皆様に
ホントに頭が上がりません。
特に、、菊池さん、小山さん。。。ありがとうございます。そして、会期中よろしくお願い致します。

それから、今回ホントに大変そうな中田君、移動ホームセンターの台車を押して、
竹林で着替える姿は、ニュータウンピクニックまさに!

私自身、展示やイベントの運営に携わってきているだけに、こういったイベントが開催されるまでの道のりと手続きの多さは、まさに猫の手も借りたい状態。
今回は、特に自分の方のイベントと重なってしまっているので、本当に動けず頼りっきりでした。
アーティストを始め運営に関わる方々がとても頑張って下さっていて、
よき開催となる様子が伺え感謝するばかりです。
(多摩美で一緒だった、藤井さん、久村君、会場が広すぎてまだ作品にもお会いしててません。
会期後半には、自身のイベントも落ち着きゆっくり滞在出来そうです。)

 展示は、20日からオープンです!
皆様お時間ございましたら、お出かけ下さい。











photo by saesky

続 何年ぶり?

何だか最近懐かしい顔によく会う。
今日は、銀座で40th partyがあり20代から80代までの蒼々たるメンバー。。。
人酔いと会話酔い。

同級の。。。
ryoji and tajiken に会うのは相当久しぶりで、
昔、、、5人で初グループ展(@永福町)をやった事を思い出す。
あ、、数年ぶりに5人揃ってる。。
あったねえ〜。
グループ名とか決めてみたねえ〜
もめてみたね〜。
そういや、DM作るのにまだPCなくて、、写植した。
版下づくりに異常に時間がかかったのを思い出した!
  
助手の頃の研究室 memberもなかなか揃うものでもないね。
展示、イベントのお知らせ以外では、、 
sugiyama氏が、ブログの連載漫画が単行本化〜面白いと評判です。
(私にも楽しんでます!)

みんな、パパさんだったりして、大分大人?!みたいな感じですが。
しゃべり始めるとやっぱり変わらなくて、憎たらしい事ばっか言ってきた〜!

いい日でした。 














photo by saesky

event つづき。

今週搬入の横浜での展覧会と、
10/24/25 11/1のワークショップの準備。

展示の方は,良しとして。
ワークショップの方は、やる事いっぱいです。

みなさん。是非遊びに来てね~。








photo by saesky

10年ぶり



sano夫妻のweddingパーティーに行って来た〜
大学4年大学院2年研究室で4年。。思えば、相当長い付き合いなんだね。
お嫁chanも作家仲間で大学違えど、一緒に展示したりしてたのでよく知ってます。

というわけだから、来る人は、皆ほぼみんな知り合い。
10年ぶりに会う友達も。。

大学の汚い工房に居た時は、この年齢の自分たちは想像もできなかったね。
輝かしい!?に決まってる?!!art道を夢見て入学したわけだし。。。
今はそれぞれ、色んな道に進んで。 
面白い仕事していて、ガンバって活躍している仲間に逢うと元気でるw

  
それにしても、本気で言い合っては、、、10分後には談笑を繰り返す。
このやりとりを楽しむって空気って久しぶり。
そんな簡単に、流さないのが付き合いの深さda ne。

「店の一番強いお酒」と「店で一番デカいつまみ」の時代から、今や骨董通りの個室で飲んでる。すごいよね。

おめでたいいい日。



photo by saesky

夜な夜な

読書の秋。かね。
やる事いっぱいあるのに、本を読むからまた時間がなくなる。
この間、引越ししてから初めて近所の古本屋に行った。
住むところで、古本屋のラインナップってかなり違います〜
今度の場所は、かなりお好み。画集や古書もいっぱいあって、古くて小さいのに
店の中の戸棚は、相当充実。
結局、画集を2冊文庫1冊。滞在時間2時間。足が疲れて、腕はしびれて、


引越しが多い私にとって、うちの本棚の本は、数々の選抜に勝ち抜いた一冊。
買った時は、まず流し読み、2度目は、抜粋読み、三回目以降は、ノートみたいになってる。

相変わらず、ハードカバーを買う時は躊躇するし、どの位一緒にいるか考える。

きょうは、バリュティスとゼキの対談を読み返し 、、。この本シビヤなやり合いが面白いです。
台風だし。明日は、学校休みかな。。/




 
photo by saesky

Galileo, Galilei

 
Yet the earth does move.
それでも地球は回っている。

を実感する瞬間。

このスケールで考え事をすると、眼がまわる。。




photo by saesky

少し似て

記憶の中でも、やっぱり[音]の 記憶は、凄いne
 
音を聞くとその当時の環境、感情、香りまで一気に戻ってしまう。。

懐かしいカセットテープを見つけた。
自分で作ったオリジナルテープ。(90年当たりに制作。。甘酸っぱい一品です)
1人で、聞きながら、、セレクトに笑う。

そういえば、昔、妹とラジオ番組作ってたなあ。
あのテープは、何処へ、、、。
すごい斬新な「英語のラジオ講座番組!」
私は、中学生で妹は、小学生。
(中学生と小学生。しかも、帰国子女でも何でもない二人が英語のラジオ講座番組を作るって、今思うとすごいわ。)

久しぶりに聞いてみたいな。
今度実家に行ったら、探そう!

昔も今も、妹と私。soranomdo project と名前はついたものの、
アイディア会議の時間は、あのラジオ番組の頃と大して変わらないのかも、ne.






photo by saesky

夏の終わり

夏の終わりは、蜩、台風、、、
それと自分で作った夏課題と誕生日(自覚のない感じを自覚させられる日。)。。。
なんだか、年々焦りの印象〜
 
おめでとう!ってメールや電話を頂いて〜。
ご飯行ってお祝いしてもらって。
ありがとう〜〜!! 


この夏は、アトリエー家は、基本的に自転車。
私の自転車生活も大分レギュラー化し、今年は、私にしてはめずらしく、、。日焼けした!

ここ10数年は、すっかり車生活。
荷物を軽くすることも考えず、とりあえず持って移動していた生活から、
いかに効率よく持ち物を運ぶかとか、
目的地までどうやって行けば、楽で且つ一番速いか、とか
今日の天気は、どんなだろう?とか、、
全く考えなかったのに。

大分変わったぞ。


この自転車生活。
寄り道によって、新しい店を知ったり、
土地の地形を知ったり、
空気の悪さを知ったり、
ママチャリの最強さを知ったり,
色んな発見がある。

 
雨宿りってことも、近年したことが無かったけど、
自転車を乗るようになってからは、時々軒下や、喫茶店で雨宿りをする。
最近気がついたのは、雨はずっと降っているわけでもなく、
時々小雨になったり、パタッとやむ瞬間があるということに気づく。

一日最低15キロ、多い日でも30キロ。無理しないのが良いようで〜

私の愛車。




photo by saesky

八月末の収穫

今年は、3匹。
年々昆虫の差が分からなくなってくる。。
カブトムシ、黄金虫、ゴ×さん。。。




photo by saesky

art and science bunch [eat inplease]




あっという間にイベント当日になって〜
今回もまた、皆様のおかげで満員御礼。嬉しい限りです!

ゲストの方々、お店の方々、そしてあたたかいスタッフの皆様。。
本当にありがとうございました。


にしても、またもや、バタバタ。前日に微妙なアイディアを思いついたり。
心配になって、ひたいにヒンヤリ汗をかいたり。慣れるのかな?
展覧会もこういった行事も何年たってもな、、前日前夜は、緊張と開き直り。。


今回は、、本当においしそうなお料理とドルチェの数々。。
ほんと食べたかったです。
当日の様子。近々soranomado project の方にupします。

あまりに好評だったので、また、やります。。

danke so sehr!





photo by saesky

授業

先月から東北芸術工科大学に来ております。
今週は、講評。



思った以上に刷りまくってまして。。
気持ちの良い量です。床いっぱい。




photo by saesky

hanga

版画talk.

版木一枚の存在と彫る、削るという事。
削られた版木とその屑を前に。
版との葛藤時間について、
その行為について、

3次元から2次元への移行。
もっと、スミからスミまで写し取って見たくなる。


基本的なプロセス、、。光る。





photo by saesky

考え得る

今年に入って頻度を上げて活動しているsoranomado project
work shop とイベント。
5月はtime gallery( art and science @渋谷hikicafe)でした。
おかげさまで、常に満員御礼。

ありがたいことです。
このprojectを始めた当時に比べると、大分段取りがつくようにはなってきたけど、
如何せん、抜けがちな私。。。日々皆様のご協力とご支援に支えられております。

meeting しながらいつも思うことは、artもscienceも日々追求してしていくことから、
研究の現状をピンポイントで話すと、わかりづらい、、っていうかわからない。
常に、原点である「発見」や「もの創り」の高揚をもって始まっていることを、研究者もアーティストも自覚してお話することが重要。。
当たり前なんだけど、これって日々の生活や 社会に芸術や科学が自然に組み込まれるためには、とても重要で。。

それと、、どうでよい?!かも知れないことが楽しみなんですw。ってこと。

毎回、色々と反省材料がありますが、今後も頑張ってまいります。


photo by saesky

東北 09

今日は、東北に来ています。
昨年に引き続きです。
ここは、山形なのに東京でなかなか会えずにいた、人達に会えたりします。
今日は、授業のあと小林裕次さんの講演でした。


緑と空がおっきくてドキリです。。。



photo by saesky

再会再開

まあ、ほっとき過ぎで、ブログを書いてるなんておこがましくて言えません。。

最後にupした頃から、日々色々と動いてました〜。。
何度か、ブログを書こうと思いましたが、何故かあんまり進まない。

自転車/早朝出勤/個展/神戸/海/時間について/art and science bunch/
軽井沢/text/英語/作品/散歩/音/ベッド/雨宿り/食事/植木/cat/
ゴミ/マチス/ペンキ/写真。。。。。。。。。。。。

ぐるりとまわって。

昨日、デスクトップの掃除、土曜日は、アトリエの掃除をしました。
6月は、掃除月間〜〜


 









photo by saesky

100年に一度

100年に一度の不況というけれど、100年前を体感していないから、
わからない。
実際、100年前に自分とほぼ同じ経済環境、教育環境の人はいないだろうし、ここ100年で世の中も人々の価値観も大きく変わっている。宗教観も金銭価値も、教育も科学も。
(まず風景がぜんぜん違うだろうな。)
発展、開発が進んで本人のモラルが、将来を決める様な時代。
景気が良かった頃、人々は個々に外食をし、休日は車でお出かけ、大型ショッピングモールやブランドショップで買い物をしてた。
そんな、生活にもどうかと...で LOHAS?! な生活。

今は、自炊がほとんどで、車を乗る人も減ったし、買い物も大型店舗で大量購入なんていうのもそうそうしなくて、、、。インターネットでよく選んで必要なものをうまい具合に購入するようになった。

ある意味、、、地に足のついた生活が帰ってきたかもなあ。
海外で思っていたのが、日本ほどすごい勤労意欲とお金の使い方をする国は少ないということ。むこうでは、皆結構質素だし、日常を大切にしている。
それから政治や社会についてよくしゃべる。

最近の不況話は、日々何処へ行ってもつきなくて、あいさつみたいになってきた。
実際大手の商社で20年近く働いた人達が突然2週間後に解雇、、。なんて話しもあり、家族をもっていたら本当に大変。
でも、この自体をどのように切り抜ける?と話しあう事やみんなが共有する問題があって目標にむかえることは、何か別のものが育つよい機会かもな、、とも。

とはいえ、、
美術は、その時代時代に作家が自身の在り方や社会に対してのメッセージを投げかけ、商品としての生産ではなくあくまで自己探求から始まる。
「人々の見解や気づき、歓びを与える事が可能で、素晴らしいジャンル。」(と、、イギリスの滞在先のMrs.ロイヤルマリアンヌは言ってました。)

でもそんな芸術こそ、こういった厳しい経済下に於いては、まっさきに削減されますけどね。笑)

100年に一度を体験してしまっているからには、この貴重な時期から何か頂かなければ。もったいない,,desu

photo by saesky

move to think

個展が近くなってます。
色々と考えてます。手も動かしてます。

展示の前は、制作作業の途中で頭の中で別の作業が始まってしまって、ノートに書き込み、、、。そのまま別の作業に没頭、、。
40分後、また元の作業に戻る、、、など。

自分をカメラで追ったらどんなに落ち着きが無いのだろうと思います。

考える為に着席するより、動いているときの方が何故か、思いつく。














photo by saesky

チャージ〜

頑張った日でした。
と、、おいし〜カレー食べさせてもらってW
元気復活!



顔ナン。。


このお店お薦めです。
http://gourmet.livedoor.com/restaurant/318906/

add...フロアーで流してるインド映画?ミュージカル?PV?
のBESTシーン映像集が、素晴らしい演出です!
インドのシンクロダンスと、Happy musicがかなり釘付けにさせます。その激しさ、楽しさは、改めて感動してしまいました。
ビヨンセが40人位いる感じ。。?!


photo by saesky

彼岸

暑さ寒さも彼岸まで、、。です。

あったかい。気持ちの良い日。

色んな企画、動いております。

soranomodo Project、個展、諸々駆け足です!
皆様が楽しみにしていて下さい。
GANBARIMASU..







photo by saesky

大変だ!!

今日、アトリエに向かう途中。
20号に落ちてた。。

「かがやき」






photo by saesky

3月は

確定申告。。です。

ここ数年海外のレシートが、かなり私の立ち上がりを遅くしてました。
それにしても、ここ数年で、ものすごい変動をみせている外貨の変動。
どこへいっても、不況だね〜。の一言。
座右の銘は「ピンチはチャンス!!」だけどもね。。










photo by saesky

変わらぬ味

中学高校生部活のおやつに、予備校帰りに、、よく食べて、、。
時々食べたくなるものです。
まんなかに、ピーナッツが印刷されてたんだね。



photo by saesky

教材。

最近、教えてもらった。楽しい楽器。stylo phone!

こちらドイツの教材として売られてたみたいです。。
子供用といいながら、そうは見えない外装がドイツらしい。

かわいいながら、かなり本格的な自己表現が楽しめる。
アナログ感といい。いいですね〜〜



photo by saesky

工作

分光器作ってみました〜〜



soraPのscience workshopで使います。
こちらの穴をのぞくと虹が見えます。
(上面にスリッドが入っており、光が入るようになってます。)







以外と感動な一品工作。
photo by saesky

パッケージ

受験期から、絵具箱のそこ辺りをぐるぐる回って来た絵具を整理し、とうとう、引退組。

よく見るとパッケージデザインが変わってますね。
昔のほうがなんか良いなあ。
ちなみに色も、スゴい退色。violetがpinkに。。





photo by saesky

いろはかるた



昔から大好きです。
もちろん全部覚えており、かなり本気で勝ちますが、
結構意味を間違えて解釈していることアリです。

そして本日気づいた。。

三遍回って煙草にしょ(さんべんまわってたばこにしょ)

これ、、のんびりいきましょうよ。っていう意味だと思っていました。恥)

ところが、、、ほんとはね。。
夜回りを3度回ってから休憩を取ろうという意味で、念には念を入れてやってから休むことにしようということ。また、休むことばかり考えていないで、手抜かりがないようにしっかりやりなさい、ということ。

でした。。
はは〜ん。了解です。




photo by saesky

腕が。。

久々に、、、グラインダー使ったら二の腕がパンパン。。
(12体カット&研磨です。)

でも、、。さすが新品グラインダー〜充電式でも、馬力が違います。
工具の進化は、すばらしい〜

photo by saesky

あたり〜

毎日毎日、、、寒ーい。
今日は、特に北風強烈です。
アトリエまでの徒歩、涙と鼻水止まりません。。

痛い!!って思った瞬間。
降って来た松ボックリ。。

久々にみました。。






photo by saesky

成長 

どうにも、ならない様なことって。
とっても悔しいですけど、たびたびあります。

個人ー社会










photo by saesky

soranomado project

理科に興味のある方も、理科が苦手な方も、絵を描くのが好きな方も、大人の皆様も、キッズの皆様も、どなたでもご参加いただけます。
ご興味のある方は是非御連絡ください!!
http://info.soranomadoproject.com/

******************
soranomado project 主催
Science Workshop vol.1
実験と観察と描写から「なぜ?」の答えを考える
研究者とアーティストによる科学ワークショップ

「葉っぱの色の正体は?」
ペーパークロマトグラフィー実験で、葉っぱに含まれる色素を調べよう!


2009 年2 月28 日(土)
場所:アトリエ空の窓 
13:00-14:30 ( 小学2 年生以上)/ 16:00-17:30 ( 高校生以上)
参加費:1000 円
お申し込みはこちらから

*対象は小学校2 年生以上になります。
*各クラス定員7 名です。
*当日はスケッチ・彩色をしますので、鉛筆(B または2B)、
色鉛筆(12 色以上)をご用意下さい。

後援:
TALENS JAPAN
協賛:ロイヤル インダストリーズ株式会社, 評論社
主催:soranomado project

印刷用pdfを開く


- その他お問い合わせは
studio[at]soranomadoproject.com
まで

講師紹介

古澤輝由(ふるさわ きよし)
東京農工大学大学院農学研究科共生持続社会学専攻修了。専門は環境哲学。
私立高校で生物の教鞭を執るかたわら、DJ として活動。海外アーティストとの共演経験多数。

大塩紗永(おおしお さえ)
多摩美術大学大学院 美術研究科 絵画専攻 修了。多摩美術大学版画研究室助手、文化庁新進芸術家国内研修員を経て、現在は国内外での個展版画ワークショップを開催。東北芸術工科大学非常勤講師、多摩美術大学生涯学習講師。美術家。


大塩立華(おおしお りつ)
京都大学大学院情報学研究科研究員。名古屋大学大学院 医学系研究科 博士課程満了。細胞生物学・生理学を経て、現在はヒト脳機能研究(主な研究は、脳内イメージ空間認知、意志決定等。)に従事。専門は脳科学、認知科学。

科学ワークショップについて

soranomado project の科学ワークショップでは、研究者、高校理科講師とアーティストが講師をします。それは、soranomado project では、科学も芸術も、どちらも「自然の探究」の取組みであると考えているからです。「自然の探究」は、感じること、そして、疑問を持つことから始まると思いますが、ここに科学と芸術の違いはありません。その答えを見出すにあたって、芸術では作品を制作し、科学では研究に取り組むという点で異なります が、soranomado projectでは、このような方法上の区別以外に、両者を分ける必要はないと考えています。それは、感じ・疑問を持つという起点、そして自然を探究する、という目標が同じであることの方が、両者の違い以上に重要であると考えているからです。さらに、科学・芸術の技術的要素が相互に密接であることも重んじる必要があると感じています。たとえば、美術の基礎となっている描写力は、科学における観察・記録において非常に重要な技術であり、科学で重視される論理的思考は、芸術においても事象を認識するための重要なプロセスになっているはずです。
この科学ワークショップでは、実験に加えて、丁寧な観察スケッチを描くこと、および論理的な思考を学ぶこと、の2点に重点をおいています。参加された皆様が、さらに大きく本質的な疑問に迫るための第一歩となることを目指しています。

photo by saesky

始動してます。

新年のご挨拶もしておらず、色々とありまして、あーッという間に
2月に突入。
本年、年女。良いじゃない〜!!(厄年厄払い行って来ました〜)

立春すぎて、桜の樹の蕾が徐々に膨らんでmasu。
着々と前進している樹々に、感動しお尻を叩かれる思い。



ここ数年続いている、予定が不確定な年間スケジュール。
突然決まったり、スライドしたり、逆転したり。
今年も不確定要素多そう。。だねえ。

2009年色々と考えています。
楽しみです。
がんばりますよ。











photo by saesky

大晦日

かなり放っておきすぎました。。。久しぶりのblogです。 
2008年中にupしよう。。と、あと25分です。



結局。いつも通り、年賀状と掃除に追われる大晦日です。。
今年も色々と充実した一年でした。
お世話になった方々に心より感謝申し上げます。

アトリエにも色んな人が遊びに来てくれましたww
来年も精進して参りますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。


photo by saesky

Idea sketching

先日久しぶりに子供達の教室。
私が美術教室で子供や大人の方々に指導をするようになって10年。

初めは、自分の年齢や経験不足から、不安になったり妙な緊張から固い言葉で接する事もしばしば。。早く年を取りたい。。といつも感じていた。
それが、いつしかとっても楽しい貴重な時間に。

彼らからの発信に耳を傾け、一緒に考え、アイディアを構築する歓びを共有出来る事は、私自身も益々創造が楽しくなっていく。
私も、幼い頃から母の教えている教室(http://www.soranomado.com/)
に行っていた。
というより、私達姉妹の学校帰りの行き先は教室。。

毎日、木片や粘土、針金や絵具に紙で遊ぶ。
思いついたアイディアをスケッチブックに描いては、造形。
おもちゃや、絵本、イス、パズル、植木鉢、キャンバス画、まき絵、版画、等々、、、何でも作る。
「アイデアを出す」「イメージを紙に描きおこす」という作業は、
子供の頃の私にとって結構面倒臭い、すっ飛ばしたい行程だったりした。

何て言ったって、材料と道具があるなら、すぐにでも作業に着手したいもので、いちいち細部についてまでアイディアを描きおこすことが、何だか遠回りの様な気がするからである。
しかし、人一倍厳しい母が、いつも「アイディアをいくつか出しなさい。。」というものだから、仕方なく3つ位出す。
1つじゃダメな所がまた、行き詰まるポイント。。

でも、そのおかげか、アイディアスケッチが終わって作業に入ってからは。いつも間違いなくすいすい形となって行くのである。

大人になって、自分が何かをしようと思った時、スケッチが明快でないものは、やっぱりつまづく。。
アイディアが、1つしか出ていないものは、熟考が足りないのもあり、面白みに欠ける。
アイディアを描きおこすという作業は、イメージしたものを正面からだけでなく、側面からも底面からも上からも、イメージし、よりリアルに写し出すこと。うーんやっぱり一番大事ね。。。
そんな事、子供達に教えながら日々感じております。

それにしても。。年々、教える時の机の高さが気になる。
終わった後腰が、、じーーーん。。





photo by saesky

とりあえず

秋になりまして、あっという間。。
今年もあと二ヶ月。
なんだか、ごちゃごちゃしていたので、家とアトリエ、とりあえず
大きく掃除、整理。

慌ただしく、過ぎていく毎日にかなりぼんやりとし続けていた
問題にも向き合うべき季節。。
個展が終わって、作品の整理する。
慌ただしいながら、とりあえず切り取ったスクラップや、
描きかけの作品。
起案途中の企画書の再考。



photo by saesky

tower

kyoto~




Berlin~

photo by saesky

京都

連休後半色々と用事があって京都へ行った。

妹が宇治に住んでいるので、泊めてもらった。。
京都は3年ぶりくらい。





一緒にやってるprojectの話しも、そろそろ来年度の計画詰めなければ、、。
って。。meeting。




それと、今京都の平安画廊で行われている画廊40周年の展覧会
のオープニング。。
前に書いたけど、、画廊主の中島さんがお亡くなりになり、追悼もあった。
会場は画廊の外、通りまで人が溢れており、中島さんの同級の湯葉屋さん
から、東京や京都の作家さん、美術館や新聞社の方々、、、
交遊の深さと人柄がわかる、にぎやかな場所となっていた。

私は、00〜05年まで隔年で展示をさせて頂いていたけれど、この五年間の間
毎度毎度行くたびに、沢山の人との出会いと色んな経験をさせてもらったなと、つくづく感謝する、、。




photo by saesky

アトリエ玄関

今日は、ikedaとなべゆうと私が、揃ってアトリエ。
私は、中国での展示の準備でバタバタしてると、
二人が、急に玄関のタイル張りを始めた〜〜
こういったクリエイティブワークに対して、ものすごくキビキビと
動く二人に感動。。。

来客があると聞いて、30分で、玄関改装完成してた!


photo by saesky

ちょっと前の事ですが。。

お誘い頂き。。海バーベキュー行って来ました=
灼熱の太陽の夏とは、打って変わって。。。

穏やかで、のんびりとした横須賀の海でした。
横須賀は、私の田舎でもあり、昔から見ている景色だけど、
この夏は、忙しかったから、、気持ちよさ3倍。

今年は初めての、波打ち際。


photo by saesky

個展終了

先週末で個展が終わりました。

皆様お忙しい中お越しいただきまして
誠にありがとうございました。
会場でお会い出来なかった方々誠に申し訳ございませんでした。。。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。。






photo by saesky

ginza

連日、たくさんの方々にお越しいただきありがとうございます。
お会い出来なかった方々申し訳ございません。


本日も、上野毛から銀座に向かう。
今日は、元毎日の石川さん、中学高校の同級生、仕事でお世話になっている方々等々。。お忙しい中ありがとうございました。


先週末は、H&Mのオープニングで、中央通りものスゴい人。。。
丁度ギャラリ―の向かいが、back space なので
どんどん搬入される洋服達をみていると、店内はものすごい勢いで
買い物合戦が繰り広げられているんだろうな〜。。と。
アゼン。。。
海外では、H&Mは、どこの街にもあって、
とりあえず安い!!というのが、このお店の印象。。

いつの間に銀座の真ん中にこんなに長蛇の列を作るお店になったの?!
夜になっても人は切れず。。。








photo by saesky

展示会場

今日は、上野毛に行ってから銀座へ。
ここのところ、傘がいらない素晴らしい毎日〜
と、思いきや大学を出たら久々に降られた=

今日は、会場も比較的静かで、作品がよってくる。。。

夕方両親が来てくれて、いつも行く渋い喫茶店でのんびり〜
いつも、感謝してます。。



photo by saesky

銀座ー築地

今日は、また沢山の方々にいらして頂きました。
天気も良くて、秋晴れ。爽やか。。

昼食に。。築地に行きました。
初めて、場内に入り、社会科見学の様なワクワクした気分で
楽しかったです〜。







photo by saesky

展示

個展が始まりました。

久々にお会いする方々も多く、緊張と楽しみ。。です。

皆様お時間ございましたら、お立ち寄り下さい〜





photo by saesky

829

すっごい雷。。
アトリエが揺れてる。。
「今年は花火も見なかったし、、雷でも見物。。」
なんて呑気な話じゃない。
大雨。。雷。。大雨。。雷。
各地で、警報発令。土砂崩れ、河川の氾濫。
見た事も無い稲光が、空に走って。

記録的な豪雨になってしまってる。
はははは。本日、私の誕生日。。。(こんな天気だったの初めてだわ)

歴史的な天気。忘れないだろうな〜今日の事。

雨の中、真夜中にお寿司食べたよ。。
お寿司は美味し=

また1つ大人になりまして。。
健康第一で、頑張ばりまっす。



そういえば、本日ヤキニク(829)の日だからって入籍するって
言っていた焼き肉キャラがいたなあ〜
彼らも忘れられない日になるね。。おめでと〜。




photo by saesky

books

この間、ドイツに行った時に買ったカタログのなかでも
セールで買ったこの4冊。。

買ってよかった。



suse wiegand
nanne meyer
thomas muller
alice musiol

photo by saesky

誕生日会

8月生まれの誕生日会。。
してもらいました。@kongtong

仲良しの皆は、19:00~2:00まで
良くお喋りしました〜

終始笑いの耐えない、idea の耐えない面白い人達です。
皆、お仕事もとても頑張ってます。

ありがとう!!!

photo by saesky

夏バテ

お盆休みは、あっという間に制作で過ぎていき、
連日の日中制作でかなり夏バテ。
今日ナベユウのopeningに行ったら、みんな風邪引き。。


photo by saesky

夏制作

二子玉川の展示が終わって、今度は9月頭からの個展の準備。

暑ーくてモウロウとするけど、そんな私はたいした事がないと
思わせる様な連日のオリンピック。
アトリエには、テレビが2台もあるけどどちらもアンテナに繋いでない、。。

から、結局ワンセグで見てる。。ていうかラジオ感覚。
バドミントンは、シャトルが見えない、水泳は、大事なとこで電波が、、、。

夜、帰宅しては再放送をみて。。。
暑くても、もうひと頑張り、オリンピックのおかげ。。


photo by saesky

平安画廊

先月、平安画廊のオーナーの中島尚子さんが亡くなった。
私にとって平安画廊は、本当に思い出深い大切な場所で。
作家活動初の個展の場所。
京都という立地も、知らない土地だったし、ものすごい緊張と
不安で向かった展示だったのを覚えている。

中島さんは、そんな私を気兼ねなく向かえてくれて、
いつも奥のソファーでタバコを吸いながら、小さくなる私の
背中をさすって、「まあゆっくりしてきなはれ」と手作りのお惣菜や
ビールを持って来て下さった。
新幹線の終電を逃してしまって泊まる所がない時も(観光シーズンで
何処も満員なのに、、、)どうにか部屋をとって下さったり、こんな
若造の私を良く面倒を見て下さると、いつも有り難いな、
と心から感謝していた。


それから2年に一回位個展をさせて頂いて、近年は、展示が無い時も
京都に用事がある度に、中島さんの所にお伺いしその日に訪れている
作家さんや、お客さん、また近所の方々と楽しくおしゃべりをして、
元気になって帰って来たりしていた。

最近は、海外に行ったりしていたのもあり、なかなか伺えず、お元気かな?
と、現地よりお手紙を出したりしては、気になっていたけれど、まさか
こんな急にいなくなってしまうとは、本当にショックだった。
私が、外国へ行きたいという話しも日常的な些細な、悩みも色んな事を
お話した様な気がするし、いつも親身になって聞いて下さっていた。
本当に感謝している方です。

いつかお礼をしたくて、なかなか出来ずにして、、寂しいです。
色々な変化は、時代の流れで仕方がないことだけれども、
中島さんのような、懐の大きな素敵な方はなかなかいないような。

今もあのアルミのガラガラ扉を開けると、ソファーに座って通りを
見ていそうな気がしてなりません。

中島さんのスタイル好きでした。






photo by saesky

展示会場

8月の土曜日の二子玉川高島屋ってご家族の量がすごい。
今日は、色んな人が来てくれました。

終了時間際に、仲間が来てくれて〜お茶しておしゃべり。。
帰り際、妙に一ヶ月後の個展の作品が気になり、
アトリエにもどる。

4階は、暑い。深夜でもなんだかじっとり暑い。

そういえば、この間、takakoちゃんに誘われて行ったカメラマンの
展示レセプションで、
たまたま出逢った子が、
たまたま同じ建物に住んでいて、
たまたま同じ友人が仲良しで
たまたま幼なじみが大学一緒で、
たまたま年が同じで

スゴい出会いがあった〜世の中狭し。。

彼女の部屋も4階〜
クーラーついてるのかなあ〜


photo by saesky

暑すぎて

実家に帰ったら、犬の座り方気になる。。。


photo by saesky

二子玉川

高島屋、roofギャラリ―での展示が始まりまして、
opening いらして下さった方々ありがとうございました。

この9月から、結構身近な作家さん達海外へ飛び立つようで。。
イタリア、NY、フランスetc..
イタリアへ行くっていってた今野君、、いつもながら自由感
漂っていていたなあ〜。

1年ってあっという間だと思います。是非楽しんで来て欲しいです〜







photo by saesky

高円寺

中央線の代表的な駅。

最近、あらためて面白い。

photo by saesky

7月31日〜

7月31日から展示があります。
詳しくは、HPをご参照ください。。。
http://www.saeoshio.net

という訳で、いろいろと準備です。。暑。。


photo by saesky

ion

さっそく。

夏バテた=。
アトリエにこもって熱中症ぎみ?

で、熱中症にはイオンサプライ!




2リットル購入。
3分の2飲んだ頃。。(っていうか3分の2一気に飲めちゃう)

??!ちょっと。復活の兆し。
効くんだ。。


photo by saesky

軽井沢

軽井沢で蛍を見ました。
久しぶりに、嗅いだ土の匂いと暗闇に蛍。

数は少ないけど、光がしっかりと見えました。

残さないと残らない自然です。


帰りに野菜を沢山買って来た〜。
野菜の味が、エネルギーが全然違う!!

class="pict" />




photo by saesky

腰が痛いので、少し休憩。。
ここの所の移動が響いていたようです。






photo by saesky

個展終了

ベルリンの個展が終わり、
ドイツから強大な木箱が届いた〜
4階のアトリエに上げるのに、相当必死で。
運送屋さんもびっくり、、、。
午前中から汗だくです。
これだけの梱包をしても、やり過ぎではないみたいだけど、
箱を開けるとまた箱。。。


photo by saesky

野菜を食べる。

本日。野菜メチャメチャ食べますメニュー。

採りたてのハーブ達は、ものすごい美味しい。
半分以上作って頂いた〜。



photo by saesky

つゆ

制作してると気づかず、終電を逃す事しばしば。
歩けなくないけど、今日は4駅歩いただけで、びっしょびっしょ。

久しぶりに、靴の中がジャブジャブいって。
何だかつきぬけたどしゃぶりだった。



photo by saesky

うすい

前に、ブログにも書いた新しいビルは、表から見るとすっごいうすい
ビルだった。@ 青山




photo by saesky

ベッド

樹のベッド。
アフリカ製です。
寝てみるとものすごく気持ちがよい〜
フォルムも素敵で。。。

なんといっても、このベット一本の木から削りだして作られている!
まるで、樹の中で眠っている感じがします。



photo by saesky

父の展示

青山で父の展示がありました。

久しぶり。
身内ながら、ついついかわいくて売れて欲しくない作品に赤丸。。お願いして来ました。






photo by saesky

目が覚める。

最近バタバタと忙しくって、出来てなかった事、
掃除、経理、通信、、、。

and 制作!!

7月の展示に向けてはじめました。

それと、9月の個展に向けての制作も。
うん。カレンダーのページで見ても、週を数えても、、あっという間だ=。
目が覚めます。






photo by saesky

アトリエ

このアトリエに越して来て、半年。
やっと大分落ち着いてきた。

寒ーい冬が終わってから、春はサクラが満開で、最近もかなり気持ちがいい〜。
今日は、紗張りと紗張りと,紗張り,...

G17が、無くなって終了になったけど。
G17酔いと睡眠不足が相まって。。ふらーっと。

ikedaの手も赤ーーーーくなってた、、。



お疲れでした。

photo by saesky

ルノアール

シャノアールとルノアール。

シャノアールは、昔若き頃、よくビックパフェ(ソフトクリームとコーンフレークだけが大量に詰まってる、女子中高生には、強い見方。)を食べた。喫茶店。
妙にサンドウィッチとかが安い。

ルノアールは、もう少し大人な感じで、お父さん世代までが利用する、いかにも昔からの
打ち合わせ、取材用で使われそうな喫茶店。

で、今日は、ルノアールに久しぶりに行った。
久しぶりに行くと、結構この渋い落ち着いた感じが良いな=って。

よくわからないカフェより、よっぽど接客とコーヒーが美味しかったりする。
そして、最後に。。

お茶がでる。不思議。。でもnice...!




photo by saesky

山形2

山形ー東京往復大分慣れました。



今日は、29℃、、、。
山形は、日本国内での最高気温を記録している、県だって事初めて知りました!

夕方グランドを散歩すると。奇麗な空でした。
久しぶりにこんなに広い空をみた〜





photo by saesky

ひさびさに

ps3 gameにはまる。。
寝る前に、、、つい。

ここのところ、移動が激しく、東京ー山形間新幹線かpc前か、アトリエ、、、。アンドps3...




photo by saesky

To-Ho Ku

東北、山形に来てます。
授業で、、。

片道4時間をいかに使うかな、、。って思っていたけど、
寝てしまう。3時間半(新幹線)は、結構な睡眠時間。








緑豊か、静か、空気がきれい。。ほんと。
夜は、久しぶりに真っ暗な状態を体感、星が奇麗〜

学校の山側は、林や小川が、、
何となく、u.kの北、scotland を思い出します。

photo by saesky

青山

青山TAKEO とpaul smithのギャラリーに寄って、見上げるとまた出来てるね。
新しいビル。

気づかなかったよ。




photo by saesky

いろんな話

いろんな、話しを聞く。

なんでも、裏と表、側面、があるのだと。
分かっていながら、日常意識出来ている事なんて少ない。

だから、びっくりしてしまうんだけど、、。

年を重ねるという事は、このびっくりが少しづつ減って、ものごとが丸ーく見えてくる
ということなのかしら?




photo by saesky

制作

7月にある展示の作品のアイディア。

うまく行くかな?

新しいことをするのは、ワクワクするけど。
色々と調べる事もいっぱい。調べだすと知りたい事が一杯。
作品自体は、去年からはじめて来ている仕事なんだけど、
どうやって、オモテに出すか、、ねえ。

悩みます。でもこういう時間は、いい感じです。





photo by saesky

live

今日は、仕事終わって、展示とliveに行きました。
展示は、後輩のそうちゃん。NY帰りのmariちゃんもいたようで、あとは、仲田と悦子。
良い展示でした〜。楽しそうに作っている感じも気持ちが良かったなあ。

それと、celloのrobin君のlive.
http://web.mac.com/robindupuy/Robin_Dupuy_Cellist/Start.html

彼は、フランス人で素敵なcellist。パーソナリティーも演奏も。
はじめて、演奏聞きましたが、、、super!! .

それにしても、外国でたくましく楽しみながら、表現活動をする人達。
自分が海外へいって、なおさら、リスペクトです。
なにより。笑いと良い仕事。これがほんとに大切だよね。






photo by saesky

Andrea は mama

今回の展示にあたってホントに沢山助けてもらった
Andrea〜。

ありがとね。。ホントに。。

彼女とは、3年前に初めて会いました〜
その時から、かわいい娘だなあ〜って思って、、
その時も、何となくお腹が大きいとは思っていたけど。。

now!! mamaなのね〜
にてる!!=her name is Ema !女の子〜よね。




photo by saesky

bio

日本でも有機野菜、オーガニックブームですが、
ドイツは、化粧品から生活材料、食材至るまで、eco,bioが定着してます。
で。。見つけました。
bio コーラグミ。。
ドイツと言えば、くまさんharriboのグミですが。。
こちらは、bio!!

なんかパッケージがグロイ。


歯ごたえがまた、強い!!
photo by saesky

海外組 

今回、現在、U.Kで頑張ってる ryuta とberlin で頑張ってるzumaちゃんのお二人が駆けつけて、お手伝いしてくれました!!。

二人共、私が大学に勤務してた頃、うちのクラスだったのね。。
軽〜く誘って結局、スゴい助けてもらってしまったね。



いろんなとこで、それぞれ頑張っている様子は、元気がでます〜。
ありがと========!!!


photo by saesky

結局〜

安いんだもん。
宿でのんびりするならね。




毎日、、、。だな。
photo by saesky

散歩

なんだかんだ、海外にいると静かな時間がある。
しかも、こういう短期滞在のときは、宿に止まっているから、早く帰ってのんびり中庭や、
外の通りを見ながらビールを飲んだり。

今回は、本当に短い滞在で、その間に日中はイロイロと用事があるので、夕方は早々に帰る。
といっても、ドイツは今20時頃まで明るし。
散歩しながらね。

美術館も行かず、今日はおやすみ。
せっかく来たのに。。

というのは、やめて、のんびりを満喫するのは最高の贅沢だ==。

photo by saesky

opening

展覧会が始まりました。

昨日は、ワークショップにレクチャー、opening partyと
帰宅後はドロドロでした。

今回、会場のスタッフの方々には本当に色々とお世話になり、
本当に感謝しております。
また、日本でも色々と助けてくれた身近な人達、、ありがとうございます。涙。

すこしだけ、様子をupします。







photo by saesky

from berlin

明日からベルリンで個展が始まります。
というわけで、今ベルリンにおります。

さわやかな季節と裏腹に私の頭の中は、明日のopening - workshop- lecture- questions and answers.......の準備がまだ終わっていない事で、混沌としてます。

こちらは、8時まで明るく温かいです。

出発寸前まで、人に助けてもらい心から感謝です。ありがと====!!!
明日は、頑張ります!

お部屋の楽しみ



部屋にいつも置いてある〜





photo by saesky

はやい

from u.k

paulからメールが届く。
最近の作品を見せてくれた〜
うん。頑張ってるなあ。。

たしか年末にノルウェーのレジデンスに行っていた。
励まされます。

ついでに、Silvie (娘)の写真が。。
きゃー。はやい。あっというまだね。





photo by saesky

nice to meet 2。。

新しい出会いがある、、、、と、少し話し込んでみれば、よく知る仲間が共通で、
世間は、狭いね。何て事良くある。

そりゃそっか、私もそんな広範囲で活動しているわけでもないから。。
でも、意外な所でそんな関係、、。
って。
不思議なもの。

人は、何年経っても変わらないものとも思うけど、いやいや環境に寄って
結構変わるんだなって。自分もしかり思います。
少しは成長しているのだろうか?

常に前方に関係を作って行きたいなと。
縁が遠くなっていた人も、一周まわってまた出逢うと、また新・楽しい関係になったりね。








photo by saesky

環境

仕事環境って重要。。な事は、百も承知。
だけど、、デスクワークの環境が悪いことが、最近とても気になる。

pcの仕事も多くて、イスの高さや固ーい座面、そしてなにより、
デザインワークから何からすべてノートpcだけでこなしており、
モニター必須。という今日この頃。。。

この間レクチャー用のスキャニングを100枚近くしたときは、
スキャンの位置は、机の下、pcは机の上、、、で屈伸運動100か。。
途中で、全面的に配置を換えるべきか迷ったけど、結局そのまま
やってしまった。
これは、ストレスだ。

どうにかしよう。。。。

今朝、amazonから荷物が届く。

そういえば、2日前にあまりにイスが堅いので夜中にamazonに行って、以前も買った医者が考える円座クッション又買ったんだ。。(前のは、実家に置いて来てしまった。。)
全然解決策じゃないけどとりあえず。

pcも近いうちに、、、必須だなあ。





photo by saesky

nice to meet 2

最近、色んな事や、もの、人との出会いがある。4月だから?

で、かなり感動し、かなりうれしくなる。

ベルリンの展覧会と幾つか立ち上げたprojectの進行、その他入稿、納品で、何だかハラハラする日々が続いてましたが、、、。だいぶ片付いた。(っていうか、提出ギリギリ、、すみません)
大きな仕事も小さな選択も、粘るが良いか手を引くの良いか、カンと裁量が大事〜と友人と話した。

今日は、ベルリンで使うレクチャー用の資料を集めに。。10年ぶり位に、図書館へ行った。

そしたら、久しぶりにniceな本に出逢う。
こういう本って、開いた瞬間に言葉が、飛び込んでくる。


それから、数日前から悪戦苦闘していたキャプチャー問題が、解決して。。
というか、解決して頂いたんですが、、ありがとうございます。
相変わらず色んな所に補助輪ついてます。













photo by saesky

ごはん

ご飯は、エナジー!!!!!



photo by saesky

上野

本日は、am横浜-pm上野のopening 、精養軒って、すごい観光地らしい風景が見れるんだなー。と発見。

久しぶりに会う顔ぶれ、、、

仕事が片付き、、並んで座る元仕事仲間。
学生の頃からのつきあいだけど、今は全く違う業種で働きながら制作してます。
話題は。。、健康と経済と欲しいモノの話。。

そういえば昔、教授に「なんでお前らは、お互いの絵の話しをしないんだ!」って、怒られたなあ〜

仕事おわって帰りに寄り道〜。。
今日は、イロイロ動いたけど、楽しい日だったな〜。








photo by saesky

愛玉(オーギョーチ)

上野に搬入で、現地であった仲間と休憩しに、、芸大の裏の喫茶?!へ。
昭和の香り漂う、かなり渋めのお店で、愛玉(オーギョーチ)を食べた。

っていうか、かなりお店的に押してる感じだったから。
「幻の愛玉(オーギョーチ)有ります。」って筆で書いてあるし。

で、皆頼んだ。



味については説明するのが非常に難しいので、是非食べてみて欲しい。




由来:
愛玉の発見は、連横の『台湾通史』の「農業志」などによると、愛玉という名の少女がたまたま川で洗濯をしていると水分を吸収しプルプルしている愛玉子を見つけ、これを街へ売りに行ったところ大好評。少女はこれを売り続け親を養ったことから愛玉子と呼ばれるようになりました。


愛玉のペクチンは整腸剤、凝血剤、血漿代用品など医薬品の製造にも使われ、腎臓に良いらしいよ。

photo by saesky

わすれもの。

毎日が飛ぶように過ぎていて。。。
すっかり、忘れていた事がいくつか。
「忘れ物はない?」最近よく言われます。。。

ベルリンの展示まであと一ヶ月と数日。。
手配、提出、準備。。
上野も一週間切ってる?

hahaha......大丈夫。。。きっと。。






久しぶりにお花〜
チューリップって何語だ?





  

photo by saesky

????

cdを焼き始めて、途中でいろんなメールを返信して、
電話が掛かって来て、一服したら、、、
どれが焼いてあるのかわからなくなった。。。。



photo by saesky

spring has come

梅が咲いてますね。。
冬の間もしっかり仕事してたという事、、。
毎年のこの時期、しみじみと「自分はどのくらいやってたかな?」とか思います。

梅に沈丁花に、、、春らしい香りがします。
そろそろ色んな苗が出まわる〜

最近色んな事考えます。










photo by saesky

掃除

出逢いたくないことやシチュエーションと遭遇してしまった時は、
掃除をする〜

入念に〜〜
本棚、お風呂、ベランダも全部。。
アトリエでは、絵具や筆の整理とかね。

やる気復活!






photo by saesky

展示準備

今年は、展覧会がいくつか控えており、キチッと計画を立てないと大変な事になる。。
うん。きっと逃げたくなる感じになる。。

とりあえず、もうすぐberlinでの個展の作品搬入、カタログ用データ入稿、work shop準備
おおおおお、、、、。やる事山盛り。

身近な人達に助けて頂き、支えて頂き、感謝です=
頑張ります。。





photo by saesky

Science Cafe´





私が携わっている企画のご案内です。。。

Science Cafe´

date :3月26日(水) 19:00−21:00
theme:「時間」
    脳が刻む「時間」と本当の「時間」- 時間認知のメカニズム

place: cafe246

東京都港区南青山1-2-6 Lattice aoyama 1F・
TEL 03-5771-6886
http://www.cafe246.com/

「時間」てどんなふうに認識されているのかしら?
私たちの頭って、どんな風に時を刻んでいるのかしら?
頭の中に時計があるのかしら?

などなどを時間の認知を研究している研究者の先生に聞いてみよう!

という企画。

でも・・
難しいのとか・・・
堅苦しいのは・・・
嫌なんだよなあ・・・

どうせなら・・・

おしゃれなカフェで・・・
フランクな感じで・・・
音楽あり・・・
カフェあり・・・
アルコールもいけちゃう?・・・
な感じで・・・
聞けないかしら?

聞けるでしょう!やりましょう!
という企画。

専門知識は一切不要です。
会場のcafe246は、青山一丁目1分の駅近で
なおかつbook storeが併設されたniceなカフェです。

panelist:

「脳の中の時間:腕の交差や目の動きで逆転する時間」
北澤 茂 氏(順天堂大学 医学部)

「聴覚における時間:数十マイクロ秒から数十秒までの物理的・神経的・知覚的イベント」
柏野 牧夫 氏 (NTT コミュニケーション科学基礎研究所)

ticket:(ワンドリンク+パンフレット込み)
一般:当日1000円(前売りor予約700円)
学生:500円(前売りor予約優先)
※先着50名程度。前売り・予約の方優先となります。

*協賛
株)フィジオテック
株)リバネス

オフィシャルHP
http://physiol.cognitom.com/sciencecafe.php
**************************************
お暇がありましたら、遊びにいらして下さい〜
photo by saesky

距離なのか?

展覧会の準備で、海外に連絡する事も多い今日この頃。

毎日メールをチェック。。

海外の「のんびりレスポンス」には、慣れてるものの、
こうやって締め切りが近づくと、、、頼む、、から、、もう少しだけはやく
連絡下さい。。。ギリギリすぎ=

アンド holiday 多いです。しかも皆順番にいない。。
1つの事を決めるのに、確認するのにすごーい時間掛かってます。
そう、これは、距離の問題ではない。





photo by saesky

ここだったのか。。

今日初めて江口孔版(シルク用品、版下作成を請け負う会社で、シルクスクリーンをやっている人なら大抵利用している。。)に行った。

今まで、faxや電話でやり取りをしていたから、どんな所か知らなかったけど、メチャメチャ、渋い。8年位発注して来たけど、このfaxに届いてたんだと、何だかしみじみ。

ショップと言えど受付には、商品はなく、古ーいpcが昭和の香りと共に、存在。

すみませーん。っていうと、赤いガラスの向こうから、工房の人が出て来て対応してくれる。
話せばすぐに分かってくれる辺りや、専門的な話しがすぐに出来るところは、とてもありがたく、サンプルや資料(何度も何度もコピーを重ねて来たであろう、、)も一緒にくれる。


それにしても、
やっぱり気になるpcのデスクトップにデッカい 安めぐみ。。
もう一人のポスターの子も(名前忘れた)、、、ね。











photo by saesky

今週は、いくつか展示を廻った。
気持ちの良い作品に会えてよかったです。


それと、色々考えて久しぶりに沢山歩いた。
散歩というより、歩いた。。
黙々と考え事してたら結構歩いて数駅分。

その時に気がついた。。。

時々歩きながら無意識に数を数えてる。
何だろうこのクセ??








photo by saesky

dining

食の安全が問われる毎日。 

でもやっぱり、食事は人生の楽しみ〜
時間があれば作るのも楽しい。

そんな食の価値観は、暮らして行く中でとても重要と思います。。
ドイツで日々目にした、ファーストフード:でっかいソーセージ挟みパンと山盛りポテトは、
私にとって強敵だった。。。(結構皆それで夕飯済ましたりするんだけど。。)
「食べる?」って聞かれる度に、「今お腹いっぱい。」と。(何か見た目にも胸が一杯で、、)

先進国は飽食の時代。
生き方も食のあり方も選択の時代です。

日本人も元々はかなり繊細な食人なはずだけど、今はそんな事もないかもなあ。
冷凍餃子がやばいって言って、冷凍シュウマイを買う人達の話しを聞いて、思いました。





photo by saesky

気づくこと

気づく事、知る事は、良い事なのかしら。
と、、、ふと思う。

小さなことから大きな事まで。

小さい頃、気づいてもどうしようもない事があったのを思い出す。

この色が「赤色」と決まっているのは何故だろう?
赤色という名を名付けた人がいる。

誰かが名付けた「赤色」というのが納得いかなかったら、
イチゴ色とか呼ぶかな。
でもイチゴ色では、なかなか通じない、、、から一応「赤色」と呼ぶ。
けど、心の中ではイチゴ色なんですけど。







photo by saesky

works

制作をしていると、しばしば作品を前に、じーっと色々と考える。
今日は、その時間が約2時間。。
時々、作品を見ているのか?それともその向こうを見ているのか?
自分でも分からなくなって、、はたと我にかえる。

こういう時は「想像するより、動くが早し。」
今、少し新しい仕事に切り替えている事もあって、試行錯誤の日々。

そろそろベルリンの展示の準備もあって、展示会場のレイアウトも気になって、色んなメモが溜まってます。





photo by saesky

名作

久しぶりに連続dvd鑑賞。。
(明け方見終わる。。)

言わずと知れた名作映画。
結構見逃しているものあります。

本もそうね。。
名作といわれるもの程、腰を落ち着けて鑑賞したいもの。
そう思えば思う程、なかなか向かえない。

久々に興奮しました。

今年は、こういう時間を作れていけたらいいな。。





photo by saesky

small pack

先日、届いた国際小包。

laurentから。。。

作品だ〜!
何の前触れもなく、突然作品だけ送って来る辺りが、彼らしい。

引越し祝い?vienaで元気にやっているんだろうなあ〜

any way 嬉しい贈り物、大事にします。






photo by saesky

提出物

提出物は、早めに出そう。
でも、早めに出しても終わらないことが多い、、こと、多いです。

photo by saesky

本州先端

撮影仕事で、本州の端=青森竜飛岬に行ってました。
8時間近い移動の末たどり着いたその場所は、吹雪と険しい自然のある場所でした。





マイナスの土地ですが、撮影は、順調。





奇跡的に晴れ間がのぞきなんだか雲間からの日差しが、
天界をイメージするような。。

この険しい大地と向き合うと価値観が変わる様な気がします。


photo by saesky

Form

クリスマスにオーブントースターを貰った〜
今まで一人暮らし生活の中で、電子レンジとオーブント−スターは、
なかった。(電子レンジはあんまり好きじゃないのね、原理が嫌で、、、)
パンも、フライパンで焼いてたし。。

で、最近色々焼きます。


焼いたらできた、おもち王冠〜

photo by saesky

朝、久しぶりに雪の積もった車を運転した。

それにしても、アトリエは、どこに引っ越しても寒い所。
深夜になるとシンから冷えて、しびれる。。
でも、夏よりテキパキ動いてるね〜。





photo by saesky

移動

最近良く移動してるなー。。
飛行機に乗らないのに成田エキスプレス乗ったは、初めて。

出国や帰国の時は、この景色も妙に感慨深く思ったりするもの、、。




photo by saesky

横須賀

正月にちょろっと行った横須賀の写真。
父方の実家。最近は忙しくてなかなか行けないけど。
対岸の千葉や、戦艦、ペルー来航の浦賀港、マグロで有名の三崎港etc,,
色んな海の風景が見れるところです。

色んな船の交差点。。


with my sister
photo by saesky

迷子

お台場へ車で行くも、ぼけっと走っていたら、、
ここはどこ?
あー道は広いし、何だか車線も複雑。。
時間もないし、遅刻寸前、、。
さっきまで左だった新橋が右にきている!(いや自分で曲がったかも?)

結局電話で聞いて助けてもらった。
夕焼け奇麗だな=。とか言ってられない。
けど、写真とったりした。

東京って広いね。





photo by saesky

@京都

シェル美術賞の受賞作家展をやっております。。。
駆けつけた感じで、レセプションに顔を出しました。
展示されている作品も、みな面白かったです。
(もっとゆっくり見たかったです。)
事務局の木本さんに警備さんと話しをしてもらい
「もう閉館だよ。」と言われている中、見せてもらいました。。
木本さんいつもすみません。。

シェル美術賞は、近年応募作品点数が平均1500点余り、東京の展示では、2000人以上の来場があったそうで、現代美術の領域における平面絵画の展示では、貴重な存在だと感じました。
私は、2003>2004に受賞させて頂いたんですが、それ以来展示の広報サポートや、カレンダー制作等で、お世話になっています。


お近くにお越しの際には、是非御立ち寄り下さい。

http://www.showa-shell.co.jp/society/philanthropy/art/exhibition2007.html


photo by saesky

何を食べるか?

食について色々と考えさせられる今日この頃です。
何を食べるか?=どういう生き方をするか?

そんな風に思います。
私は、自分の食生活にかなり偏りがあって、
嫌いなものはないけれど、(牡蠣アレルギー以外は、大丈夫!)
食事を取る時間は、バラバラだし一人で食事をすることも多く
何かしながら食べていることも多い。
幸い、近所に友人が多いので、
週に何回かは、人とご食事をするので、その時はじっくり時間を掛けて食べるけど。。

昔身体をこわした時に、食事についてエラい詳しく勉強した事があった。
お薬で、治していたら次々薬が増えるばかりで、もううんざり。。
そこで、何をどうやって食べれば良いかとか、ハーブや薬草についても色々と調べた。

結局は、自分が何となく食べたいと思うものが、必要なもののような気がするけれど、昨今は、色んな加工をされた食品や危ない輸入生鮮品等、不自然なものが多く出回る。
(季節を知る事や、土地を知る事は、本当に重要なのだと思います。)

結局の所、丁寧に可愛がられて育ったものは、エネルギーを持っているし、美味しいし。

ジャンクフードも生鮮品も一食当たりに使う金額は、そんなに変わらない。
ただ、食事に向かう楽しさや、歓び、食材に対する興味や、マナー等、
時間の過ごし方が全然違う。

色んな子供達に会う機会が多いけど、食事の時間を大切にしている環境と、乱暴な環境の子供では、大きな差があるとよく思う。

私も、忙しくなると「一人だしまあいいか、、。」と
適当になる事もしばしばなのだけれど、

「食は万物のよろこび!」

飽食の時代に自分の生き方を映す食生活に関して、あらためて見直そうと思う今日この頃です。。。









photo by saesky

年末から

色々とあって。
めちゃめちゃ彫ってます。版木を。。。
久しぶりです。
お手伝いの皆さん本当にお疲れさまです。

皆、仕事が終わると首と腕をやられた。。と。
おかげ様で、一段落です。

30枚彫りました。。。




photo by saesky

最近流行ってます

the ブロッコリー!!!

なんか、これほど美味しくて栄養価があるものないんじゃないかと思っております。年末open アトリエの時に皆に熱弁。

で、調べてみた。。

ブロッコリー(Broccoli、学名:Brassica oleracea var. italica)
ブロッコリーはカリーフラワーと同じようなものですが、含まれている成分は違いがあり、カリーフラワーにないカロチンが含まれているほか、ビタミンCが 100g当り160mgも含まれています(ゆでると50mg)。その他ブロッコリーはにはビタミンB1・B2・ミネラル(カルシウム、リン、鉄)も含まれています。ブロッコリーは食用とすれば栄養価が高く、また、食物繊維も多いので便秘がちの人にむく野菜です。

近年、ブロッコリーには胃潰瘍や胃がんの原因とまでいわれているヘリコバクター・ピロリ菌を殺す作用が発見されています。ただどの程度ブロッコリーを食すればその効果があるかは、まだ研究段階とのことです。

やっぱね〜すごい。。
というわけで、ブロッコリー料理研究中。。

最近のbest hit ブロッコリー料理は、人に作ってもらった
ブロッコリーとクリームチーズのパスタ〜。すっごい美味しい!!



photo by saesky

明けましておめでとうございます。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

振り返り。。。
去年は、色々と本当に色々と身辺変化の多い年だったなあ〜。

春からイギリスへ行き、毎日頭の中は、課題だらけ。。
(生活、ナショナリズム、制作etc.......色々考えさせられました。)
そんな、私を友人や作家の仲間が温かくフォローしてくれて、
心から感謝でした。

イギリスードイツでの度重なる移動中、電車の中や飛行機の中、空港での待ち時間は、
色んな事を整理するいい時間でした。
帰国後、その時に取っていたメモ達がすごい大切なノートになってる。

それから、ドタバタとアトリエと自宅の引越しをして。。。

自分の環境をがらりと変える事は、色んな気づきをもたらしてくれる
と、最近つくづく感じます。


今年は、腰を落ち着けてじっくり制作をする年にしたい。
展覧会もいくつか控えてるし、その計画を考えつつ(最近溜めた、新しい試みを発表出来るようにと考えております。)

あと、運動と健康と食は、変わらずのテーマとして。

今年も、益々精進致します。。。
いつも助け下さっている方々、ありがとうございます。
そして、本年もよろしくおつきあい下さい。。













photo by saesky

久々

新国立美術館で、文化庁在外研修員の展覧会(レセプション/内覧会)があって、六本木へいったので、ついでにギャラリーまわり。。
と帰りに、ikedaが代理でカウンターにいるという、シモゼン(時代を感じる渋いバー?)に寄って来た。

久々に、何か沢山作品見たな。。沢山人にあったなー。

ここの所、ご無沙汰だったこの感じ。。
色々とご意見を頂き。。考えながら歩いて帰る。。

色んな意味で、気を引き締めなおして〜

まず、、、アトリエ掃除!





photo by saesky

制作!

久々に制作の話。
帰国から、バタバタと色んな移動や環境づくりがあり、
やっと集中し始めた今日この頃。何か動ける!
かなり引きこもりで、自宅とアトリエの生活。

最近、作品が少し変わったのもあって、かなりのスピードで、
疑問ー投げかけー!!!ー??ー

自分では結構好きな今のシリーズ。

アトリエの寒さからなのか何なのかわからないけど、こういう生活に
入ると、ものすごい肩こりと腕が上がらない症候群みたいのに見舞わ
れる。

でも、寒い時期に制作の季節がある。のが、ここ数年。
寒くて暗いこの時期からいつも締め切りが増えて来る。
夏みたいに色んなものが見えなくて集中できる気もするけど。

来年のドイツでの展示のことも考えると、やってみたい制作がいくつか。

日々あっという間に過ぎて行きます。
今年を振り返りつつ、年末のダッシュ。

今週大きいのあげられたら、いやあげて、忘年会出席します。それまで頑張ります。。


全然関係ないけど、どーして画材屋に行くと足りない絵具の色を忘れて、
いっつも同じ色ばっか買い足しちゃうんだろう。これが、特にすごい好きな色でもない所が
不思議。。。。memoしよ。






photo by saesky

christmas

お世話になったイギリスの仲間と、ドイツの皆さんへ、クリスマスカードを。。って
おっそーい。
でも、出さないより出すべし。


年賀状もね。早めにね。。
版画やってて重宝すべき季節なハズなのに。。





photo by saesky

『六ヶ所村ラプソディー』

日曜日、「Candle Odyssey 2007 at Hotel CLASKA New World」へ。
『六ヶ所村ラプソディー』を見に行った。

これは、青森県六ヶ所村に作られた核燃料サイクル施設をめぐって、六ヶ所村に生きる人々の暮らしを写した長編ドキュメンタリー。原子力発電所の賛成・反対に偏らず、エネルギーについて考え、自分たちの暮らしを見直そうというグループによって、現在全国で自主上映が展開されている。

見た後に、本当に色々と考えさせられ、現代社会の矛盾とこの国の将来へのイメージの甘さ、
今すぐにでも意識すべき事を突きつけられる作品であった。

あまりに途方もない現実に、すぐに解決策が見つからない。。。と、
思っている間も、時間は過ぎて行くわけで、「今」からが、一番速いのよね。と、、、。
自身の中で出来る事から、はじめようと思う。

皆さんも是非見て下さい。
http://www.rokkasho-rhapsody.com/




photo by saesky

動き続ける人

私の友人Austriaの写真家Laurent。

彼は、今年の2月まで、写真家として仕事のため東京に6ヶ月滞在していた。東京にいた時は、私のドキュメント作りを手伝ってもらったり、アトリエに遊びに来たり、と色々と交流があった。

彼程、繊細でタフな外国人は、会った事がないな。。って今でも思う。
東洋の思想が好きで、日本に来て勉強する外国人は、多いけど、彼は何だか持っている
「ことば」が今まで会った事のない感じタイプで、日本人の感覚もよく理解していた。
抽象的なニュアンスを受け止める事が自在で、とても丁寧な感じ。。。
(作品をみると何となくわかる。)

Laurenは、常に色んな国を移動していて、東京ではbank art の仕事と、六本木のmid townで
行われた中山ダイスケ氏の仕事を一緒にしていた。いっつも走って移動してるし、寝不足だと。
ここ数ヶ月、私も海外へ行ったりバタバタと移動をしていたので、すっかり会ってなかったけど
メールは時々、していて、from America /from Itaria etc.....相変わらず動いてんな〜って思ってました。

いつもポジティブで、落ちついた彼だけど、あるとき、家族の話しをしていたら
「自分の家族は、色んな国で出会った友達。。」っていっていた。
わたしは、なんだか家族についての話しだけは、ネガティブな彼の様子に「ふーん。。。」と
いいつつも、こうやって動き続けるにもきっとなんか理由があるんだろうな。。と思っていた。

そんな、彼は最近Vienna(Austria)に定住し始めて、
I am excited because it feels to me that life treats me well, that I can trust and have all the faith I need. There is enough energy and nourishment around to feel strong.
と。

そっか。。もうあんま移動しなくなるんだろうなって。なんか嬉しく思いました。





photo by saesky

光景

日常見たくないけれど、眼に入る嫌な光景。
(こういうお話嫌、、、)
食事の場、店の中、電車の中、道路。。

子供に対する親の様子。
レストランや公共の場でのマナー。
ペットのしつけetc,,。

配慮って、「関係をどれだけ意識しているか」なのだと思うけれど、

そういえば、帰国して一番に感じたのは、道やお店ですれ違う時に、
「すみません」っていう人が全然いない〜。

ヨーロッパでは、(別にEUびいきではないです。)ぶつかっていなくても
一言、必ず何かしら言う。おかげで、ドイツ語:Entschuldigenをまず覚えた。
(みんな何て言ってんだろう?って思ってExcuse meだと気がついた。)

食事やくつろぐ場所では、なおさら配慮は、重要とおもいますけど。。。
たまにほんとに食欲が、減退。。先日cafeで、小犬連れに囲まれ、犬は好きだけど、
食卓に上げて、ご飯食べさせてる。何だか鳴き声と、光景と強烈でした。

自分達しかいない空間なんてこの世の中ほとんどないわけで、人がいるから、楽しかったり、安心出来たりする。
更にいえば、生き物(動物、植物も)があるから、癒されているし、その恩恵を受けているわけで。。

自分の隣で、枯れて行く樹々や濁っていく川によりも、自宅の水槽が奇麗な事が大事なのは、オカシイ。

コミュニケーションツールが増えて、私も十分恩恵を受けている一人
だけれど、現実に触れ合うものに対して、誠実につきあえることが、
大切なことと日々感じております。はい。。。



アインシュタインのお言葉を2つ。。

「人間の邪悪な心を変えるより、
 プルトニウムの性質を変えるほうが やさしい」

「人間性について絶望してはいけません。
 なぜなら、私たちは人間なのですから」

脳トレの前に。。。モラルトレ。










photo by saesky

科学のチカラ

万能細胞開発の確率。。っていうすごいnewsを知り、早速医学博士の我が妹に、聞いてみた!

この研究の成果は、人の皮膚の一部分(人間の体細胞)から万能細胞が作ることができるというもの。これができたことで、臓器や組織を補う再生医療が可能であり、自分自身の細胞から作ることによって、拒絶反応やドナー募集等という問題も、クリアーして行く。。。
ということは、色んな事ができてしまう怖い将来も予想される、、。よね。

http://www.asahi.com/science/update/1120/TKY200711200405.html
http://www.asahi.com/science/update/1204/TKY200712040398.html

さっき「このnewsを大いに歓んでいるのは、ブッシュ大統領です。」
ってラジオで言ってた。。。

ってか、本当にこのまま行くと、人は「身体が朽ちても常に再生する」
みたいな事も可能なわけで、プチ整形感覚で「ちょっと今、再生中〜」
という感じにもなりかねない。。。

妹とも話していたけど、人生のリミットを自分で決めるような時代になりかねん。。
[こうやって世間に公表されたという事は、もちろん、既に行われているということよ。」と、my sister....


選択の時代。。





photo by saesky

秋は。。

空が高くて、
色の変わった葉っぱや、
樹の間を差してくる光に
ホコリの舞う陰が妙に奇麗。。

休みの日に、散歩。。最近引越しをしたので、
知らない所だらけで、楽しい。
不思議な公共施設や、地味に美味しいたこ焼き屋、
パン屋、定食屋、遊歩道、etc
ちょっと動いただけなのに、生まれてからずっと住んでる東京も
なんだか、別な都市に見えて。。





photo by saesky

進化

大掃除をお手伝いして、モバイルツールの進化を感じました。
なつかしのポケベルから始まって、歴代の携帯電話、そしてipod 。





ちなみにこのipod すごい事になってます。
わかります?



ちなみにこんなグッツも発見。。
一時期この手のグッツ流行ってました。。よね。。世代が分かる一品。





photo by saesky

雨の週末

ここ毎週末、雨が降っている。。段々秋から冬ですね。

Larry Heard a.k.a Mr.Fingers (Alleviated Records/Track Mode)@LIQUIDROOMでamber(http://www.ambertokyo.com/)がvisualをやるので、お出かけ。。

3時間って結構長い時間だったけど、ラリーさんもamberもいい感じでした〜。



photo by saesky

ガテン系。

まだまだ続く、アトリエの改装。
先週末もまた立川のアトリエから、荷物を運びつつ、ペンキ塗り。
saccoも私も、どうみても見た目に今イチひょろいし。
日曜日は、昼から二人で立川で荷物を積んで、高井戸まで。。




現地に、ikedaがいてくれて、荷物おろして、、、
それから、また塗装。。。。。
途中久しぶりに、めまいが、、。あああ。



photo by saesky

Renovation

アトリエの工事をしており。。

仕事上がりに、、

お手伝い頼んで。。
壁はがし>床はがし>>壁塗り>床塗り、





週末は、完全に肉体労働。
お手伝いしてくれた方、ホントありがとう。
そして、自分が思った以上に体力不足を実感。。。

仲間に恵まれて、いつものことながら感謝です。
日曜日、一通り終わってご飯を食べに行きましたが、
半分以上夢の中。。この日甲州街道を3往復。。
身体が疲労で膨張している〜。




photo by saesky

open アトリエ

今回も、また多くの来場者ありがとうございました。
2日で1500人くらい?!!!
すごいね。

確かにひっきりなしに人が、、。
倉庫の皆さんお疲れさまでした。あんまり協力出来なくて申し訳ございません。。でした。。
トークショウ!?では、もっと実の在る話しが出来たらと、終わった後反省しました。。

今回は、時間があったのでケータリングで来ていたカフェのご飯やケーキを頂きました!
おいしかったです〜。

前日、倉庫のメンバーは、かなり遅くまで準備してました。






前夜のぞいた、、。塩川さんの部屋。。




これ、うちの部屋です。





boxがテーマだったので、刷って組み立てて。。。



photo by saesky

空の窓

私は、soranomadoで子供達に美術を教えています。
といっても、もうここ数年は、彼らに相手をしてもらっているような。。
彼らは、すごくやさしくて、繊細で、物知りで、柔軟で、人に気を配る。

おしゃべりしながら、アドバイスをくれたり〜
1年生くらいで、「客観性がたりないね。」とか突然言ったりします。
(多分昨日当たりに覚えたセリフ)。
「疲れたー」とか「毎日大変だな、、。」とかいう子には、
「いやなら止めれば?なんでやるの?」とか。
クールなコメントを。。こういう会話を聞くと、何かドキッとします。
(心の中で、、そうです。よね。。とか思わずつぶやく。)
でも、そのあとで「なんちって」とかいう温かいフォロー付けていたりするんです。うう。優しさだわ。

人の顔色や、会話の反応を人一倍キャッチして、静かに傷ついたり、喜んだり。
私も、子供としてというより、時々はっとさせられる、貴重な存在。

もう、10年位になりますが、相変わらず楽しい時間です。
なんか、彼らと日常会話をしていると自然に笑いが:ー)
元気になってしまう。

モノづくりを通じてアイデア、イメージから創造する事の楽しさ、喜びを
感じで欲しいです。
いつか、彼らが「昔、面白い時間を過ごした場所があったなあ〜」と
思い出し、おもむろに何か作り出したり、その楽しさが彼らの癒しになってくれたらいいな〜。とか。

many thanks!!



photo by saesky

えーっ!!!!

親友ヒロ。。
ご飯食べよと、会ってびっくり!!!!!

えーーーーーーーーーーーーっ!!
両手骨折してるう〜!!!
思わず。笑)
いや。。笑ってしまう程のひどい事に。

彼女は、中学からの同級生。色々知ってますが、こんな姿は初めてです。
店の人も皆びっくり!「大丈夫ですか?」

原因は、、。自転車転倒on 淡島通り..
自転車乗る方気をつけましょ!
食事も持参のスプーンで痛々しく。。。

早くなおってね。お大事に。愛




photo by saesky

shigoto -man

今日は、factotum(http://www.factotum.jp/)のshowに。。

結構前から、"amber" (http://ambertokyo.com/index.html) の友人達が、頑張ってる様子を見てきたので、なんかドキドキしました。


長い時間をかけて沢山の人達が動く、このfashion show 、
たった10分の中に、ものすごい色んな事や思いが凝縮しており、
一発勝負の緊張感がすごいです。
で、しかも終わった後のクールな観客の退出っぷりと、
撤収の速さにボーッとします。


私は、一発勝負に本当に弱いから。
小さい頃から、バレエもピアノも発表会がイヤでイヤで。
中学高校は、体育祭の200m走のスタートで、お腹をこわす。。
で、今も、、。
個展の前は、緊張しすぎて2週間前位からやたら作品数を数え、
眠れなくなってしまう。
一時期は、あまりにひどくて、いつもオープニングの体調が最悪だった。


最近は、少し前に一旦終わらせて(それでも緊張するけど)すこしでも
心配の種を減らすようになった。ように思う?!
っていってもギリギリまで、アーダコーダ頭の中は、グルグル。
とにかく、怖い。不安。


今日のshowでは、直径5メートルのドームを使って映像を投影。


音、映像、服。それぞれすごい手間と時間をかけて丁寧にした「仕事」を
一つのfashion show として構成する事は、とても難しいことなんだろうと
現場をみてシミジミ感じます。

でも、このチーム。皆素敵な気持ちのよい人ばかりで、大変だけどいつも
笑っているのが最高なんだな。と思いました。

それぞれが、良い仕事をできる環境って規模が大きくなるとなかなか難しい。
でも、お互いの「日常の仕事」への敬意があれば、また新しい形を
きづくことができる。のよね。


良い仕事しようと。。。。思います。


解体されたドーム。大きかった。
















photo by saesky

何かね。

去年からマジメに習慣化した。
言葉のスクラップとメモ的日記的ドローイング。
毎日の仕事に。。

ここ数ヶ月、いろんな選択を迫られる事、なんか多いです。(そんな年頃〜)
で、モヤモヤして、ぱっと開くフリーペーパーの言葉が何か気になる。



じたばたしない。
photo by saesky

seisaku

材料調達に秋葉原、神田、青山に行く。。
それから今日openだった森田さんの展示を見に麻布へ。

柔らかくて涼しい作品。
久しぶりに会って、近況のおしゃべり。。
シェアーしているアトリエの話:やっぱり、、どこも40℃オーバー。
私の所だけじゃなく、夏の倉庫は厳しい。戦いですね。


帰宅すると、paulから荷物が届いていた。
梱包材を片付けていたら、ピラ〜っとメモ?手紙が入っていた。
気づかないよ。。危なく捨てる所だった。






メモには、来週からノルウェーに行って来るとのこと。
そういえば、私が滞在中、レジデンスの結果がそろそろ出るっていってたな。。やったね!(今回は家族は一緒じゃないみたいだけど)

みんながんばってる。

私もがんばろう〜っと。





photo by saesky

運動に。

残暑なのか。。。
相変わらず、アトリエは暑い。

open アトリエどうしようか、、。と話しながら私とsaccoの予定が
全然会わないことを確認。

突然、ペンキ塗りを始め、展示用白壁完成。。
つぎに会うのは、設営の日(前日)、、。だね。笑)

photo by saesky

夕焼けと朝焼けは、毎日あるけど、

たまに仕事が終わって、外に出て朝焼けを見るとミョーに感動してしまう。
そして、こんなに気持ちがいいのだから今日から朝型生活にしよう!!
って思う。いろんなものが、スッキリしているように感じます。
(単に、これは夜を超えた変な達成感からきているような!?)

特に、夏の終わりの明け方はすごーく気持ちがいい。
空気も澄んでるし、シーンとしていて。
日中の残暑にもポジティブに考えられたりして〜。。
暑くなりなさい。。と。


この時期は、夕方もいい。


そういえば、イギリスでは、日が沈んでいる時間がほんの数時間で、
夕焼けと朝がほぼ合体していた。
さっき日没して「今日も終了かあ〜」と思ってちょっとのんびりすると、「あ。。もうお日様が出ている」。。

特に北の方は、夕焼けの時間がとても長くて、一日の終わりがすごくゆっくり流れていたな。



photo by saesky

焼きそばとカフェラテとタバコ>am4:00

撮影でした。
なかなか、体験できないワイルドな環境で、畑の違う5人が、
焦げ臭い匂いを出しながら、アッツイ空間9時間。。


浮遊するイメージは、思った以上に冷静で奇麗な映像。。(現場の会話からは想像出来ない表情。)

お疲れさまでした。




photo by saesky

eco 2

東京に帰ってきて、尋常でない暑さに驚き、
クーラーがないと、やっぱり寝不足になる。

私達が小さかった頃、扇風機で十分だったのは、私達がクーラーを知らなかったからだけではなく、確実に温暖化へと向かっているのは、承知の事。

この気温の上昇の加速は、著しくこのままのペースで行けば、
私達が老人になる頃には、夏場の熱中症の被害者はものすごい数に
なるのだろう。
その前に、この暑さに対応出来る身体とその遺伝子を作らなければ、、、。


大量生産と24時間営業。。いらないよなあ。。きっと。

そういえば、先日eco car代表「プリウス」が、リッター51km
の表示を出してるのを確認。nice performance!



photo by saesky

夜作業

「日が落ちてからじゃないと、アトリエに入れない」
とも言ってられないから、行くのだけれど脳みそが沸騰する〜。
ゆで卵を想像して、、怖くなる。

で、夜な夜な作業。
一階のセラミックの鈴木さんの所でついついおしゃべり。
倉庫の皆も相当戦いの日々。相変わらず低空飛行です。


昨日は、u.kから「コート来てます」とのメールが、、。
世界を駆け回るアスリート達の身体能力って、やっぱりすごい。
実感する今日この頃です。


終電ホームで見つけた、ホッカイロ?!この季節に貼ってる人がいる!?


photo by saesky

あついね。

いや。。。暑いです。
日中外に出てしまうと、クラクラ。
やる事満載で、帰国したのに、暑すぎて睡眠不足。

そして、私のアトリエ、、40℃オーバーで日中は、放心状態です。

皆さん、遅くなりまして、残暑お見舞い申し上げます。

昨日は、銀座へ行き久しぶりに色んな人と再会。。。
久しぶりのいつもの仲間。


あ〜今週から頑張ろう。。






photo by saesky

berlin-ams-edinburgh-london-tokyo

帰国しました。
東京。。。暑いんですね。

ベルリンからberlin-ams-edinburgh-london-tokyoと一気に移動。
チケットの都合と、イギリスのスタジオの荷物の受け取りの都合上、
72時間いや、もっとかも、、、。ほぼ寝ないで、動き続け、
へとへとでした。

そしてこの40℃近い気温。

最後の移動日。もう慣れっこのように。。
lost baggage,,,,
自分でも、トランジット時間が短い時は、あきらめモード。
最近じゃ、飛行機に乗る時に手荷物の中に、受け取れなかったとき
の為に、一日分の洗面道具と着替えを入れている。。。

イギリスでは、BBCの朝のTop NEWS1日300件のlost baggageについて
報道されていた。
どうにか、ならないんですかね?

空港内に、行方不明の荷物の山がこんな状態で。。






photo by saesky

日本の流行もの

日本の流行ものを教えてもらう。。




ベルリンの仲間で、色々想像。。。何味?何触感?


photo by saesky

gallery 廻り

友人に進められ、時間のある時はギャラリーをまわります。。。

ミッテ地区は、たくさんのギャラリーが集中しているので、短時間で効率よく見れます。

Murata & friends(http://www.murataandfriends.de/)の在る
Rosenthaler Straße39 最近は観光スポットみたいに。。すごい人だった。






AKIRA IKEDA (http://www.akiraikedagallery.com/berlin.htm)
Senefelder Platz 




そういえば、バルケンホールも街でいくつか見かけます。

photo by saesky

kassel2

メイン会場とは反対のお城のある方方向へトラムで20分。。
のんびりとした、林道の先にお城が。。

丘の上に美術館があり、宮殿、広大な庭。







こちらは、戻ってセンターのコンテンポラリー会場。







会場までは、出店が並んでいる。
photo by saesky

kassel1

kassel:

6月から100日間kasselの街でドクメンタが開催されている。
berlinからだと、3時間くらい。
駅をおりると、至る所に看板が、そして駅のインフォで、一日券2日間券
など、トラムやバスの交通費を含んだチケットを売ってる。



kasselという街は、のんびりとしたすごい奇麗な街。
ドクメンタ開催中は、街中が、イベント会場という感じで、お祭り。。



もう12回目というだけあって
システムすべてが慣れているのを感じる。

一日じゃとても廻れない多さなので、2日にわけるの良いんじゃないかと。。

これは、メイン会場:ポピーの庭。作品です。









photo by saesky

お久しぶりで〜

zuma chanと会いました。

元気でやっているようで。。
でも、待ち合わせ場所をあまりにテキトー決めていたので
(彼女は携帯をもっていなく、、)
1時間お互いすれ違いながら、やっと会えた。。



この日は、ベルリンの中心通り(クーダム)近辺の道路を封鎖して、
マラソン大会やってました。
スタートが夜の7時。
ゴールは10時ごろで、町中大盛り上がりでした。




photo by saesky

berlin 2

ベルリンへ来てから、あまり時間がなくて更新出来ませんでした〜。
移動や、打ち合わせの合間にポツポツ展示を見てます。。

昨日、よって来ました。

Hamburger Bahnhof(ハンブルガー・バーンホーフ現代美術館)
住所:Invalidenstraße 50/51, 10557 Berlin
http://www.hamburgerbahnhof.de/





ちなみに。。ベルリンでは、毎年1月、8月に「(Lange Nacht der Museen) 」といって、美術館、博物館の夜間オープンイベントがあります。
この期間約170もの美術館や博物館、その他文化学術施設が夜間に一斉にオープンし、美しくライトアップされ昼間とはひと味違ったベルリンの街を、専用シャトルバスで満喫することができるらしい。nice!!

2007年8月25日(土)、午後6時〜翌午前2時

http://www.lange-nacht-der-museen.de/

photo by saesky

berlin

というわけで。。

今、Berlin にいます。
ICEで4時間位でつきました。
昨年の冬に来たばかりなのに、日々変わって。




いまは、旧東ドイツ側に滞在してますが、
未だに、穴だらけな建物沢山みます。
そして相変わらず建築現場だらけです。






今のシーズンは、back packerが多く。
リュックサックの学生が駅に沢山。。冬は、なかなか街を見れる事が
なかったので、今回は少しは街を見に行きたいなと。







photo by saesky

デュッセル3

デュッセルドルフ2

昨日お会いしたばかりの猪飼さんのアトリエで、エラーいる作家さんを
紹介して頂き、スタジオにおうかがいしました。
ここは、元々駅だった所を駅舎を作家にアトリエとして提供している所。
前からこちらを使用されている鈴木さんと夏の期間(2週間)滞在して作家活動をされ、ここで展示をされる秋本さん、それから猪飼さん。

お二人ともお忙しいのに、、、もてなして下さいました。

鈴木さんのアトリエで、お茶を頂き、お話していると、段々ワインが空いて、、、美味しいヤギのチーズ(ヤギのチーズってもっと食べにくい感じだったと思ったけど、すごい美味しかったです。)に話しが盛り上がり、ついつい長居となってしまいました。
アトリエ環境としてはすごくのんびりしていていい所だなあ〜と。
楽しい時間でした。
ありがとうございました。






photo by saesky

デュッセルドルフ

ドイツへ移動して来ました。
アムステルダム経由で、デュッセルドルフにいます。
ドイツへは、作品を持って行かなければならなかったのですが、別送で送った他に、まだあって。
あり得ない程のover luggage にレセプションで笑われました。
でも、チャージを払っても(結構とられましたが、郵送で送るより、安かったので。まあいいかと。。)
しかし、全荷物で自分の体重を有に超えており、さすがに受け取りから
駅―電車はほんとにきつかった。。。
北から来ただけって、徐々にあったかくなるのを感じます。

到着翌日、足に無数のアザが。。。
そういえば、トランクをもって階段を上がる時にガンガンぶつけたな。。

今は、デュッセルから20分程のケルンに滞在。


電車ですぐの、ボン駅前。と現代美術館。。





photo by saesky

移動。

早いもので、ここでの研修も今週で一段落。
時間が過ぎるのは、早い。。。
滞在中色々な事を経験させて下さった方々、日本から助けてくれた人ありがとうございました!!!
荷物を片付けつつ。。未使用の和紙とホッカイロ(あまりに寒いので、日本から送ってもらった)をあげ、異常に喜ばれました。

これから、ドイツに行きます。

スタジオの受付女子。+作家のリナ(左)



photo by saesky

なんとなく観光サイト

来週から国際フェスティバル。。
なので、町の様子がにわかに元気。毎日工房通いでしたが、時間ができて町中へ。。この町の様子を。少しupしてみます。







お城が特設会場になってて、びっくりした。いつのまに。。。




photo by saesky

artist residency

artist residency (print making)について。。

版画で、artist residencyとして活動する為には、版画の工房をもった
施設が必要であるが,十分に整った施設というのはなかなか難しい。

一番メジャーなのは、artist residencyのシステムを持った所に申請することだが、小さい所の情報は、なかなか入って来ないのと、色んな方法があると思われるので、先日director と話した事などをすこし。。。。

edinburgh glasgow 共に print maker studioに関しては、設備は十分だが、十分な制作環境の確保の為にはその他にノンプロフィットのstudioを確保する必要がある。
dundeeにあるDCA, Dundee Contemporary Artsという施設に関しては、
artist residency システムが確率出来ている上に、版画の工房も併設している。

今回私は、色々とラッキーな条件が重なって、版画工房以外のstudioでの制作スペースと版画の工房の連携が取れた環境を整えてもらえている。
しかし、こちらに来て話しを聞くと通常だとかなり難しいのかもしれない。。ということがわかった。
このsutudioは、元々パン工場だった所を現在ノンプロフィットのstudio件Gralley として、約40人の作家が使用している。
ここは、オーガナイザーがしっかりしているのでかなり管理の行き届いた
場所で、入所希望者が2年先まで一杯となっているが、現在入所は募集していない。

 
  



ただ、版画のみの制作であれば、glasgowとedinburgh共に工房内に軽いドローイングスペースなどもあるので大掛かりな制作でなければ可能。

私のいるedinburgh printmaker +gralley は、約150人の作家が利用しており、海外からの滞在作家は、主に欧米諸国の作家で、滞在期間は4週間〜1年間。
studioの運営費は50%がscottish art council、10%が市からのサポート、残りをgralleyの売り上げや一般に向けた講座等で賄っている。
これは、どこも同じような状況。

artist residencyの受け入れに関しては、基本的に助成金の確保を条件とした受け入れ態勢であるが、(事前にファイル提出等、要プレゼンテーション)日本から助成金を申請したい場合、その旨を相談すれば、準じた書類作成など、親切に協力してくれる。
(現在U.K内は非常に物価が高いので、経済面の確保はかなり重要な条件であると感じた。)

このような、版画工房の連携のシステムは、London Print Studio
www.londonprintstudio.org.ukとGasworksのartist residencyプログラムでも同じような体制をとっている。



参考までに。。。
DCA, Dundee Contemporary Arts
www.dca.org.uk

Glasgow Print Studio
www.gpsart.co.uk

Peacock Visual Arts
www.peacockvisualarts.co.uk







photo by saesky

danger of death

7月から、U.K国内は、すべての建物内で禁煙になった。
もともと、エジンバラではそうだったのですが。

で、私もこの地に入る時。
「ああ、これで私もタバコは吸わなくなります。」と
安心。なのに。。。

最近、忙しさを理由に。。。。
で、もちろん。out side.
で、studioの裏で見つけた2ショット。


この看板結構イラスト妙に描写が細かいのよね。




灰付きたばこが、、立っている。。。。。


photo by saesky

talk

問題のtalk and lecture 終了しました。

もともと、完璧な講義なんて無理とわかっていたので、
ある意味気楽なもので。。
(いや嘘です直前まで何聞かれるんだ?と緊張してました。)

とにかく、私の前にアメリカ人の作家がやっていたのですが、
流暢な英語で、(当たり前)自分の仕事について語っており、
ますます、緊張。。。

で、私の番。
とりあえず、感謝の念とうまく話せないけど、がんばります!宣言。
なんだかんだ、無事自分の制作の話をしたあと、作品を見せながら
日本の版画について等、説明したのですが、あーーーっという間に
囲まれて、質問攻撃!!
右からも、左からも後ろからも、、、。

やばい、、。泣きそうな顔で、paulに助けを求め。
二人で、技法の説明をして、、。
後日刷りのレクチャーをすることになった。

今回は、版画の経験が少ない作家達も多く、
日本から持っていったtest ピースが本当に役に立った。
やっぱり、みせるのが一番。

帰宅途中paulと大学院の頃の話をする。
彼は、ホントに一言も日本語を知らないで多摩美に来て、
批評会の前日によく、text 作りを二人でやった記憶が。。
(結局、作ったtextが読めない。ってオチになっていたけど。)

彼の中にも、作家として色々な思いがあっただろうということは、
前からわかっていたけど、こうして自分も同じような立場に立って
みると、そういう中でもタフに何かを吸収しようとすることや、
この環境を楽しめることが、大事なのだと。しみじみ。

私は、今回スタジオのスタッフや作家、友人のおかげで、
充実した時間を過ごせていると思う。
この、些細なことがうまくできない現実を、笑っちゃえる自分たちは、
幸せだなあと。。

と話は盛り上がり長々道ばたでおしゃべりをしていたら、
ポールのwifeから、「早く帰宅するように」callが。

感謝の日でした。

。。見よ。おびえた表情を。。




thanX paul




photo by saesky

marianne

最近、日曜日、週末が来るのが異常に速い気がして。。
その理由の一つに、世帯主のマリアンヌって最強のおばちゃんの存在が。
まあ、その人の家に間借りしているわけだけども。。

相当、イカレている。
オランダ人で、慎重170cm位、早口で、5カ国語をしゃべる。66才。
昼は外食で豪華に食べるが、夜はチーズとカップスープ。
料理は出来ない。
掃除にうるさい。喚起にうるさい。そのくせ自分はタバコをキッチンで吸う。
電気料金にうるさい。
(夜は、キッチン真っ暗、、。私が見てる限りで、2週間に1回はメーターをチェックしてる。)
水道代にうるさい。
(シャワーにゆったり入ろうもんなら。。。)
水道代、電気代共にすでに、私は注意、指導され済み。

まあ、一緒に暮らすのはかなりしんどい。

これは、病気だ。

そう思っても相当気を使う。

。。。ので、私は彼女が帰ってくる週末は、憂鬱になる。
彼女は、忙しくて日曜日の夜に出発して金曜の夜に帰ってくる。
どうやら、ツアコンらしい。

友人や作家仲間に同情されるほど、、はじめはここの土地の人達が
こんな感じなのかと思ったけれど、全然違う。
すごいお金持ちのくせにこういう感じなのねー。

で、そのストレスが、逆に彼女がいない日の私を全開にしている。
明るい食卓。
ゆっくりシャワー。
制作もstudioから持ち帰って夜中も続行!
そんな平日が、木曜日の夜になると終わり、一気に片づけ。。。
掃除して、きれーにして。
金曜日は、何事もなかったように、真っ暗なキッチンで、
あたかも毎日こんな感じです、、。とシオラシイ顔で「おかえりなさい」とかいっています。

でも、なんだかあの、電気メータのチェックもあるし。。
何となくバレルのも時間の問題っぽーい。

たった、週末だけの共同生活なのにこんなに憂鬱とはね。。
で、だいたい外に出てる。今日は、paulの家のbeby suitte.

一緒にご飯を食べて〜、のんびり〜、絵本読んで、7:30に彼女は寝ちゃう。
私は、久しぶりにtv見ました。


玄関と、客間1この他客間3まである。
いつもは、ずっと電気なし。。







photo by saesky

casio×2

来週、レクチャーをする事になって、この通訳なしのぶっつけ講義に動揺
してます。。。。
結構あなどっていました。
当日は、私の他にもう一人アメリカ人の教授?もレクチャーをするらしく、
初めは「カジュアルな感じで。」とかいっていたのに、

studioがinvitation card を出し始めて。
やばい。
付け焼き刃で、辞書を片手に必死でおさらいです。

そういえば、この電子辞書このあいだ同じのをもっている日本人の女の子をみかけました。
彼女は、薬局のヘヤーグッツコーナーでしゃがみこんで、荷物をひろげ、
この電子辞書を調べまくっていた。(タフな感じでした。)

私も、この辞書結構愛用してますが、
なんだかんだ、紙の辞書の方が工房内では、気を使わない。
(汚れても落としてもいいし。)
もう一つ、電卓もよく使う。
物価が高いこの国で、初めは1ポンド200円位で計算していたけど、
昨日は、レートが270円に!
この物価の高騰からか、 u.kから脱出する人も多く、数百万人の脱出とか。。

昨日も、画材屋でペーパーパレットが、9.3ポンド。。ビックリです。








photo by saesky

ベジタリアン

ベジタリアンが、多い。
って前にも、書いたっけ?
でも、ホントに多くて、私の友人も同居人も。
中でも、Veganと呼ばれるタイプのベジタリアンの人達は、
ホントに動物性食品(乳、卵、蜂蜜なども)は一切食べない。

私の近くには、Veganの人はいないのだけど。
基本的に、こちらの生活で、肉を積極的に食べる人をあんまり見ない。
(いや、います。ソーセージ、ビール、っていうのも、パブでは定番だし。。でも私の周りはいない。。です)
わたしは、特にベジタリアンではないのだけれど、
元々肉を余り食べないので、特に不自然ではなかった。

でも、こうしてなんとなく気がつくと肉離れの生活に入り、
そうなってくると、スーパーで、ピンクの肉の塊をどっさり購入していく人をみると、グロ、、い。。
って思うようになってて、なんだかんだお肉コーナーには行ったことがない。

ベジタリアンの人達は、何食べてるの?
って思っていたけど、実際ベジタリアンにも色んなケースがあって、
結構、チーズはo.k、とか、魚はo.kとか、もちろん野菜も。
それと、みんな、よくナッツを食べる>タンパク源。それと豆乳。

こっちは、物価も高くてとにかく外食なんてできないので、
家で作って食べるが、基本。もちろん昼もサンドウィッチを持っていくか、
一回帰って来て食べたり。。
東京で、通勤途中にコンビニによっておにぎりを買っていた生活に比べると、確かに体に良い感じがする、しかも疲れない。
3年くらい前に、「私。。人生でコンビニのおにぎり何個食べたかな?」
とか、思ったことあったな〜。(はたと、思って怖くなり、その日から出来るだけ、自炊になった。)
まあ、家で作って食べることがいいのくらい、東京でもわかっていたけど。。いそがしさが、先行して。つい。

話は、戻って、この間Veganの人が、「革ジャンを着ている事」と、
「革靴はいてる事」について、話していた。
矛盾はぬぐえない。。よね〜。

友人に教えてもらってよく行く食材屋の名前は、その名も[real food]
日本だと、めちゃめちゃ高い暮らしになってしまいそうな、ベジタリアンlifeだけど、こっちでは、スーパーと変わらない値段で、有機野菜だとか、穀物、コーヒー、調味料、その他洗剤等の日用品が買える。スーパーは、大量に売っているので一人暮らしには、何でも一つづ買えるここが便利。


特におしゃれな感じでもなく。(店員の女の子がAvril Lavigne(アヴリル・ラヴィーン)に似ていてかわいい。。それもいいとこ!)

そんなわけで、こっちで感じたのが、
「お食事つくって友達を呼ぼう!」
なんてなった場合。
あの人は、何がダメで、この人はこれがダメだわ〜
とか、すごい気を使わなくてはいけないのだろうか?
と思うと結構大変だな。。ってこと。

実際、友人の家に気軽に夕飯食べに誘われても、
いつもなら、すぐに思いつくのに、お酒以外で
食べ物もっていこうと思うと、こまる。

結局、色々考えて、、、美味しそうなケーキとか、パイとかあると
買っていっちゃう。(自分が食べたいから)

ここに来る前までは、ベジタリアンのイメージってかなり、
ストイックで厳しい感じがしたんだけど、そこまででもないんだな
と。
油モノに弱い私にとっては、実にすごしやすい、環境。de su






photo by saesky

degree show glasgow

先日glasgowに行ってきました。
セルティックの町です。

エジンバラより若い子も多く、新しいものや経済の動きはこちらのような。。
u.k rockerも沢山いまして、週末なのもあり、広場は一杯でした。
人の流れも激しく、エジンバラよりも物価が安い。。

今回EACに続きこちらでもdegree show を行っていたので見てきました。
Glasgow college of art.
この大学は、マッキントッシュの建築でも有名で、大学では学内の建築の案内を、学生が訪問者に行っている。





展示の感じは、エジンバラの美大と比べ、ペインティング、版画など平面に関して充実していた印象を受けました。
どちらにも共通するプレゼンだけど、この日は、最終日なのもあって学芸の子が、海外のキュリエーターに一押し作家を紹介してました。


これは、100ポンドの作品コーナー
(これも大学とギャラリーのセレクトで、ワンブース設けられていた)


これ、すごーい長くて一枚のシートで出来ていたので綺麗でした。
写真じゃわからないけど、、、。



photo by saesky

あんまり見ないモノ

黒板
studioの入り口には、黒板があって注意して欲しい事、お願いなどが、書かれている。最近知ったんだけど、週末や、一般開放をしない日等に、
作家を対象としたlactureが開かれる内容や結構大事な告知もここに書かれていることが、判明。。。






銅版インク

この押し出し型を見たのははじめてでした。
多分、私が見たことがないだけで、日本でもつかっているのかな。

そうそう、手前にあるのが、植物油これで版を洗うんです。
結構普通にヌルヌルです。





photo by saesky

カット師

久々に。
つめをはがした!!!!
東京では、いつも「カット師」っていう。優れた定規のおかげで
ここ数年なかったのに。。
こっちには、そんなすぐれものはないわけで。
straight edge って書かれた150cmの凄い重いバー。

で、シュウィーっと。あっ。。うわ。

思わず隠してしまいました。何故か。
(格好悪いし。騒がれてもこまるし。。。)

昔、卒制制作中にもっと派手にケガをした
友人が、「怒られると思ったから隠してました。。。」
っていっていたのを思い出しました。

あーあ。。。
結局受付のたくましい女の人(名前が覚えられないです。。。)
に絆創膏的なものをいただこうと。

「あのー3枚下さい」っていったら
「どうしたの?!」って大きな声で言うから
やっぱり1枚でいいです。。っていって1枚だけもらいました。


そういえば、私の家、TV ラジオ、一切ないんですが、最近日本からdvdを送ってもらい、動く映像久しぶりに見て(しかも字幕付き)感動です。



photo by saesky

degree show

今の時期は、どこの美術大学も卒業制作の展示の時期。
なので、私も先週から始まった edhinburgh college of art の展示にいって来た。
今年で、100年という大学。
あまりに、数が多くてもう一回来ることを前提に。。。

話によると、この大学は、タペストリー、スカルプチャーが最近は、
垣根がなく。
スカルプチャーと言ってもインスタレーション及び、立体全般さすので、
いわゆる日本の大学でいう彫刻科の仕事をする人はほとんどいない感じがする。
最近は特に映像、インスタレーションが強く、今年は特にペインティングを行う作家があまりいないそう。


そして、版画は、、。
近年その設備維持や校外に工房設備もあることから、版画科事態はほとんど機能していないような感じ。一応工房もあるし刷れるだけのファシリティーは揃っている。
(この学校は一年時に各専門をローテーションで、体験するのだが、その際に版画も含まれている。)
現状としては、スカルプチャー、ペインティング、タペストリー、fine art の学生が、必要に応じて使用する。
私の今いる工房に出入りする作家の中には以前この大学で、教えていた作家さんが結構いるけれど、彼ら曰くもし、版画に特化して勉強をしたいのなら
glasgow が良いかもという。

回っていて思うのは、展示スペースの充実。。
この展示は、卒業後のスカウトの場でも作品購入の場でもあることから、
各学生は、名刺、ポートフォーリオ、等完璧。。
スペースも広いのでかなり充実した展示ができている。

painting 一枚が50号×6作品 学部





スカルプチャー 大学院





タペストリーor ペインティング 学部



ペインティング 大学院



この他に舞台衣装、ジュエリー、グラフィック、他があって。。

そして、更にfine art という、(コンセプチュアルアート寄りと学生は言っていたけど。。)があり、fine art は、表現だけでなく学術的な見解も
求められる。作品は空間表現が多かった気がするなあ〜。

ってホント疲れました。
日本でも卒展は、気合いがいるけど。大学事態も古い建物は迷路のようで
連れていってもらって目が回る。。
学生の年齢は30台くらいの人も結構いて、色々です。
U.Kの大学は、日本人(お金が高いので)歓迎らしいです。
photo by saesky

sun day 2

版画の工房について。。
きちっと書こうと思うので、もう少ししっかりかけたら書くことにしました。
で、
この間の日曜日、ここのところ雨ばっかだったのにやっと晴れたので、
ギャラリーまわりと、作品のための撮影に行きました。

The Fruitmarket Gallery
Aernout Mik 
http://fruitmarket.co.uk/

The Stills Gallery
Jerwood Photography Awards
http://www.stills.org/

Inglebygallery
Peter Liversidge
http://www.inglebygallery.com/

Amber room
Rosalind Lawless & James Lumsden
http://www.amberroome.co.uk

他にもいくつかもちろんありますが、
今日は、こんなところで。。。。ずっと坂道なのでホント疲れます。
日常の運動不足がこっちにきてかなり鍛えられます。
展示はどこも、面白かったです。
(取り扱う内容は、ロンドン、ベルリンなどとさほど変わらない印象です。)

もちろん、この他のギャラリーの中には、ベーシックな絵画を取り扱う画廊も多くあります。
先週末から各美術大学の卒業制作展をやっているので、時間が出来たらそれも見にいこうかと、思っていますが。。


そういえば、こちらの日没日々遅くてこれ、11:00pmです。



photo by saesky

print studio-1

sutudio の様子を少しずつ 写真で。。
ここは、大きく分けて、studio 事務室、キッチン、ギャラリーに分かれております。

お外。





コピー、マット、フレーミングの注文コーナー


studio入り口



photo by saesky

良い知らせ〜

昨日、DAIWA foundationのグラントがとれた知らせが来ました。
ありがたいお知らせです。感謝して制作に精進します。。
それから、もう一つ。。作品が見つかりました!
到着から一週間もうほとんどあきらめていました。何度となくBritish Airwayに電話しましたが繋がらず、曖昧で、本気でキレてみても全然効果なし。
前回は、3日で帰ってきたのにもう、今回は無理だな。と。思っていたら見つかった。との連絡が!
本日夜に手元に届きます。皆様ご心配おかけいたしました。ありがとうございます。
今日は、工房で版作り、この工房では作家が技術者と相談しながら作品の版作りの行程を決める事が出来る。
日本のように長い間、版画の経験をもった作家は少なく、ほとんどが、ペインティング、彫刻、インスタレーション等の作家で、版画専門の作家はあまりいない。
だから、かなり詳細な作品のプランをもってきて、技術者と相談して、作業工程、見合った技法を探していく。基本的には、その作業を進めるのは作家本人でやるのだが、工房には常に、各技法の技術者が常駐しており、制作をサポートしてくれる。
この工房で一番混むのは、シルクスクリーンのエリアで、感光機のサイズは、多摩美と同じものが2台、でも感光機をフルに使った版を作るわりに、刷り台が少ないのが難点。

銅版や、レリーフプリントは、大学院の頃と変わらない位のスペースで、とても使いやすいスペース。銅版プレス2台と平圧プレス。

この他に、水性木版をするエリア(馬連の作業台)、作業用暗室、ドローイングエリア、腐食、等がある。。
朝は、10:00から夜は9:00まで開いているのでそれもとても便利。


こちらは、寒いです。みんなコート着てます。
日本の3月です。そして、雨と曇りっていう典型的なU.Kの天気

photo by saesky

sun day

tree fesへ。川沿いの静かな道を行き、シルビーは最近乗ることが出来るようになった自転車に乗って、ボタニックガーデンに隣接する広場まで。。。
じみーなジミ・ヘンドリックスが、聞こえてきて、丘を越えると沢山のテントが、、。



自転車showやスケボーのLumpがあるかと思ったら、Herbのテントや、ジャンベを並べた人、藁草みたいなので編み物をする人、小さな植物を売るテント、シルバーのアクセサリー。。。。ってなんか。って思ったら。やっぱりヒッピーのイベントでした。よくよく見てみるとそんな大人ばっかりだわ。



私も案の定、Herbのmeditation語られました。
面白かったです。





そうそう斧を投げる競技もやっていたな。。
そして、会場の端の方で、天然ガスで動くSAAB の試乗会もやっていた。
時々、costaのコーヒーshopとかあって、なんだかこのhand made とチェーン店みたいな、会場のコントラストが不思議。。
家具を売るコーナーには、手作りの木製家具と共にWe are not IKEA!!って書いてあって。(友人曰く彼らの家のシステムキッチンは、IKEAらしい。)
その何だかcheap旗と真剣な顔が笑える。
でも、時代は確実にまたこういう要素も求めているのですね。
ここまでヒッピーな感じは映画でしか見たことがなかったけど、、。
私も、こちらに来てジャンクフード、コンビニ的な食事なくなりました。
周りがベジタリアンなのもあって、ですから体は良好です。


彼女は黒崎先生の娘さん。。
途中で合流しました。可愛い〜!19才 FRESH!!!

photo by saesky

EDINGURGH -1

色々あって。到着してから。。
やっと少し報告が。。

まず。またもやのLOST BAGGAGE これで、何回目?
又ロンドンでなくなっちゃった〜。今回はすでにあきれてクレームする元気がない。。けど、空港に来てくれたポールが、しっかり怒っていた。
で、、、次の日。
トランクだけ到着。作品なし。
多分見つかると思うけど。とりあえず、毎日、電話とe-mailで、言い続けるしかないよね。。って。




meeting point



まあ、ついて早々そんなこんなで、いつもの通りバタバタしながら、昨日は
スタジオ挨拶、材料調達、アコモデーション等、結構進んではいる。

エジンバラは、空気が綺麗で、鳥の声がよくする。
電車も、地下鉄も、トラムもないから、ひたすら歩く歩く。
そして、みんな立ち話、カフェ話、大好きで、時間はゆっくり、、。
私の友人達がそうなのもあるけど、オーガニック生活をしている人が結構多い。
食事、運動、生きる基本ですけど、確かに一緒に生活するとからだに気持ちが良い。
今は、日が長くて毎日日没は、夜10時くらい。ついつい6時くらいののりで
買い物いこうとすると閉まっているし、なんかみんないつも昼間っから飲んでいるように見えるけど、よく考えてみたら、6時過ぎてるのよね。




そういえば、家を決めたんだけど、友人の知り合いで、スーパーキャリア叔母ちゃんの家を借りることに。。。
彼女は、ヨーロッパを飛び回っていて、会うなり早々、フライト予定がギッシリ書いてある予定帳を広げ、どれだけ自分が忙しいかをものすごい早口で、話してた。
唖然とする私に、たたみかけるように、キッチン、バスの使い方を説明し、最後に20畳以上ある客間に案内して、「この部屋には雨の日に靴で入らないこと」といい、最後にいきなり鍵を渡してきた。

つまり、私達は同じ家に住んでも週末しか彼女は帰ってこないし、彼女は忙しくてはっきり言って私にあんまり興味がなさそうなので、良い感じで自分の生活を送れそうだと思った。
ただ、異常に部屋が綺麗なのがちょっとこわかったけど。(そしてめちゃめちゃ金持ち家具が、、。)

というわけで、多分2日後からそこに住むことになりました。
しかも、家賃が4万円!!(これはこっちでは破格!自分の部屋も10畳ぐらいある)
本当についてると思いました。

今日は、夜ポールの娘シルビーとマドンナ踊りました。


photo by saesky

atelier メンバー

しばしのお別れの、アトリエメンバー。
sacco, mina-chan, 実は、この3人で会うの始めて。
私は、基本的に自分のアトリエなのもあって二人には会うけど、3人が揃うのははじめてでした。
素敵な作品を生み出すセンスのいい二人です。
私が、いない間アトリエは、彼女たちが、居ます。
留守中お世話になります。

二人とも、夏に展示があって忙しいようです。
今日は、トイレ掃除は大切だよね。。とか確認しました。

photo by saesky

音色

友人の音作り現場を拝見、拝聴。

人間の感覚にダイレクトに入ってくる。
音は。すごい。なあ。。

イメージをより豊かにして高揚も歓喜も落胆も沈静も
あっという間にスイッチできてしまう。

わたしは、色に感じる波動に動かされて、それが作品制作の入り口になったりするけれど、音色はもっと直接的な関係でもちろん自分の作品制作の大きな要素でも。


音楽っていいなあ。ってしみじみ。





photo by saesky

scrap

去年から始めたscrapシリーズ。
日々の記憶の断片を描き止めるという仕事。毎日やろうという当初の気合いとは裏腹に、
毎日欠かさずっていうのは、何でも大変な事だと痛感。
中頃からは、その毎日のプレッシャーによって止めてしまわないように、言葉でも、音でも、
色でも、気にとまったその日の記憶をノートの端にでもメモしておき、後から書き起こすことも多く、それでも良しとしている。
良い環境と時間を確保して、大きな作品と向き合っているときには、出てこない「新鮮な生もの」
としての汲み取りは、私にとって今発見も多いし、かなり面白い
このたまってきた仕事、どんな形で再構築しようか、たのしみ思案中。

本日2枚



photo by saesky

living environment

私は、東京が好きで日本も好きです。
でも、いつも思うのが町の色がきたない。
隣とか町並みとか、カンケーなしで。

私が、特に気になるのは、アルミサッシの多様。
多分この地震大国に於いて、安全性、便宜性、コスト等トータル
的に考えて合理的な素材がきっとアルミサッシなんだろうけど。
重くたって良いじゃない。
ちょっと扱いにくても良いじゃない。
もっと、楽しい窓や、ドアがあったって。。。

って、、、。話になりました。

これ、ベルギーのゲントって言う町の普通の住宅のドア。
ぜーんぶ違うデザイン。






こちらドアノブ。。





photo by saesky

eco/ lohas

エコ、ロハスという言葉が、日常的に定着した今日この頃。
私は、ロハスやエコというスタイルについて、とりたてて意識はしないけれど、
食べ物や生活環境、自然については、ここ数年自分の中でかなり重要な生きる要素、楽しみ。
飽食で、何でもすぐに手に入る時代、私達は、時間の軸もなく、仕事をする事さえ出来てしまうようになった。
こんな忙しい現代社会人が、疲労した毎日の中でここに辿り着くは必然的のような。

ただ、極端な提唱は、調和や共生の本筋を外れると感じるんだけど、
時々絶対!eco / lohas提唱者にであったりも。
色んな事が決まりすぎていて、そして「〜でなければならない」系。
なんだかよくわからないけど、申し訳ない。

私は、生活の「楽しみ」と「感謝」と「心づかい」。。で良いと思っております。
最近友人のプリウスに乗りました。
あの車、やっぱり凄いと思いました。楽しみ+感謝+心づかいが出来てる!
やるねやっぱ。。toyota 君。






photo by saesky

nice to meet 1

出逢いって
accident!
happening!
surprise!
shock!
buliliant!
beautiful!
start>
until,,,,

大抵のぞむよりも突然にやってくる事の方が多いから、
後になって「なんて大切な出逢いだったのだろう。」と気づくことしばしば。

私は、まだ、そんなに人生生きてないけれど、それなりに、
いろんな事に遭遇してきたような。

その都度、(今までの自分の経験から思いおこしては)出会ってしまったものに対して、最善を尽くそうと頑張りあがきして、、。
結局特に何かできるわけでもなく、一気に高速回転させた思考回路がぐったり疲れます。

そう。この行動はあんまりいらない気がする。

どうする?どうしよう?あってる?間違ってる?って足をバタバタさせてもね、、、。どうにもならない流れ沢山あります。

実際、昔、アメリカで警察新聞沙汰になった事件に遭ったときも、
病気で入院したときも、念願叶い会いたかった人に会えたときも、
実際その場でどうやって対処したのかは、あんまり覚えていない。

身体の経験的記憶は、私が指示できなくても、自分が出来ることをうまいこと選んで事を進めていたというのが、現実。


出会ってしまった瞬間にどうするか?どう向き合ッテイルカ?
は、それまで視点・モノの捉え方・つきあい方。が問われる瞬間。

ピピピっと点と点が、繋がるんですねきっと。

良くも悪くも、出逢いによって、道は拓けてくる、それから明らかに鍛えられる。
少なくとも私は、確実に鍛えられておると、、、そして、時に歓喜しております。

日常の敏捷性や洞察力、判断力や基礎体力は、いろんな出逢いで磨かれていくんですねきっと。

そんな気がしました。



photo by saesky

父のアトリエ

私の家は、家族4人いて3人が別々のアトリエをもつ。
今日は、父のアトリエに私の荷物を預かってもらうため、
出かける。

青梅は、遠いイメージだったが、行ってみると、結構近い?
少し歩けば、釣りも出来て自然が一杯。
ここは、繭倉といい、昔製糸工場だったところを、作家達に貸し出している。この建物以外にもいくつか、あって、年に数回企画の展覧会を行っている。また、併設ギャラリーやカフェもあって、なかなか素敵なところです。






   


photo by saesky

時間がたつと

毎日、出国準備に追われています

アトリエ掃除、ギャラリーへの作品搬入、荷造り、連絡、etc,,.
一つ一つクリアーしていくしかないのですが、思いつく限りでもかなり
おえ。。

こんな時友人が助けてくれる。
困ったときばっか、頼る自分を反省します。
忙しい中時間をさいて、掛け合ってくれ、仕事が速い。
昔からの友人も、時間がたって、仕事場では、大人でした。


私に出来ることがあれば、言って下さい。。です。

キーボードのお掃除とか、コンセント周辺とか、、普段気になって出来ないこと、やります。




みなさんこの山超えたら、お礼します。
今は心から感謝です。

photo by saesky

浜松

久しぶりに仕事帰りに浜松に寄った。
1年半ぶり。遠州灘に松並木、静かだなあ〜。
大分変わったけど、東京の変わりように比べたらここは、
全然変わってないように感じる。最寄りの駅から一時間に2本のバスにのって見える景色がこれだもの。。
お墓参りをして、お茶にあんこ巻き、夏みかん。。食べました。裏の畑のタマネギの臭いが何だか懐かしい。


遠州灘    



松並木    
photo by saesky

気づけば

国立は、桜の並木が名物で、春はすごい人手になる。

what a gorgeousness!!


photo by saesky

通販生活

腰痛に悩まされて数年。。
だいたい仕事が詰まったり、展覧会前になると必ず来る。
今回は、さすがに痛くて。
勢いに任せて、「Dr.○○が考える腰痛クッション!」買っちゃいました。

早速届いて、開封!!んん。。。。
腰痛っていうか、お尻に優しい方向。

まあ。なんか愛嬌あるので気に入りました。


photo by saesky

出発に向けて1

あと一ヶ月で、日本を発つ。でも全然準備が整ってない。
とりあえず、アトリエを後輩の作家さん二人が借りてくれる事になったので、自分の荷物を整理します。

で、コンテナを作りました!部屋のはじっこに。

出来上がった頃、satokoが来て、、、ドアを開けて唖然としてました。部屋の雑然とした感じ、かなりな圧迫感!!!

すみません、、、。よろしくお願い致します。


1骨組み〜


2いつも助けてもらってる I 君 than you des.


3 内部〜

4 壁!だね。
photo by saesky

そういえばBA

昨年、11月〜12月にかけてU.K,berlin, gentと今年の制作活動のスタジオを見に行く為に訪れたのだけど、その時に2回もロストバゲッジにあった。
すべて、BAのロンドントランジットで起きた。
一回目はベルリンに着いたら作品だけ出てこなかった。作品だけは出て来て欲しかった感じだったのに。。散々クレームをつけ、毎日電話したら、2日後位に届いた。
外のキャップは、なくなって、中の作品もかなりぐちゃぐちゃだったけど、手ぶらで現地に入るよりましだし、帰って来ただけでもちょっとホッとした。

で、、、2回目は、成田で、到着後何も出て来なかった。
飽きれる半面、なんかそんな予感がしていた。。
なぜならロンドンを発つ時に、トランジットの時間がすごい短いのに
荷物の積み替え+(最近の厳しい)セキュリティーチェックが終わった
なんてすごいなーと感じたから。
(もしかして、積み終わってないのに出発してませんか?って疑っていた。)

結局これも散々問い合わせ、3日後、自宅に超ヘービー級バッグが届いた。
在る意味手ぶらで、成田から帰国出来たのはちょっとラッキー。
まあでもそれも戻って来たから言える話。。

しかし、BAの対応は最悪だったなあ〜。ヘッチャラな顔して「まだヒースローにあるかと思われます」とか、言っていたし。

これがなくなった




photo by saesky

on 暖か

今年は、暖冬。というか
昔とは確実に変わって来ている、3月の東京。
いつもならこの入試の発表時期といえば、まだ雪。
寒さにも飽きて、すっかり肩こりが日常となっていた。
タイツは勿論。子供の頃は冬はトックリ?!(古っ!)着させられていた。

でも今は、特に今年は、梅の花も散って早咲きのさくらを見てしまった。
それと、最近良く目にするのがミモザ。私の家の周りにもいくつか木があって満開です。
すっかり春モード。



photo by saesky

確定申告

やりました。
確定申告投函!!一息です。来年から青色ですので、こんなに溜めるのはやめましょう!
と誓いました。

photo by saesky

復活

復活する事にした。ブログ。。。
あまりにほったらかし過ぎでしたが、、

書かない期間に色々と身辺変化も会って。

まあ、2006年後半と2007年の年明けは、非常に充実していたということで。
もうすぐHPもUP出来そうなので、復活宣言しよう!



photo by saesky

ame

5月連休明けてから本当に雨の日が多い。
昔よりしっとりしたこの天気が好きになったけど、やっぱり色々と行動するには
晴れていた方が、良い。。
ここのところ、色んな人が来客する。
3月までは、大学勤務でなかなか時間が取れず会えなかったのもあったが、同世代それぞれ色々と変化を遂げていて、自分の年齢もちょっと自覚。。

来年海外研修に行けたらと思い、向こうから帰って来た作家の友人に相談。
段々話は反れて、ハワイはやっぱり良いよね。とかヨーロッパではサッカー見れるし、とか
カリフォルニアは最高。とか盛り上がって帰る。

個展までの予定表を作った。
搬入までに「済み」マークが全部に付くのかな。。

photo by saesky

hanga

いつもの事だけれど、まっさらな版木をまえにここから彫りが始まると思うと、ちょっとした興奮と、当分終わらないだろうこの先数日間にちょっとため息が出る。
版木を彫っていると、2時間おきくらいに集中と散漫の繰り返しを感じ、ふと気づくと終わっていたりする。

今週中に2点あげることになっているけど。。。気合い。

sae19
photo by saesky

変わらないもの1

小さい頃から、お世話になってる、近くの喫茶店のマッチ。
誰がデザインしたのか結構素敵。
必ず家のどこかにこいつは、いる。

sae18
photo by saesky

GW!!

シラス丼を食べたいと湘南へ。
しかし、店に着いてみると150mは続く大行列となっていた。

SAE13


で、さっぱりやめて海岸線を散歩しつつ、円覚寺建長寺へ行く。
ひんやりと緑に包まれる禅寺好きです。

帰りに横浜に寄ったら、中華街でお祭りをやってました。中国ってやっぱ強い。

sae16

円覚寺境内

sae17

この奥で獅子舞をやっていました。
photo by saesky

お疲れさま

昨日無事に、open アトリエが終了。
来場して下さった方本当にありがとうございました。
思っていた以上の入場者で、びっくりです。
今回は、新聞が三社、TVと色んなところでとりあげてもらえたのが、この効果なのだと思います。
自分のアトリエにこんなに人が入るなんて、床がぬけるのでは?と少し不安になるくらいでした。
移動カフェが、来てくれていたのに、食べ物は午前中に完売、大家さんが焼き鳥を焼いていたのですが、それも40分待ちと、驚くスピード。2時にはビールもサーバーがゼロになりました。
お客さんの波は切れる事なく、朝から食事を取れなかった事もあって、夕方には若干段酔いをしていたような。。
多摩近辺の作家さん他、大学の先生、思いがけない人にも会いました。
皆、たまたま来てこの近辺にアトリエや自宅がある事を知りました。
多摩ネット強し。
石田倉庫を使っている作家さんは、武蔵美、多摩美で助手をしていた人や予備校で講師をされている方も多いので、学生さんも多かったです。

打ち上げでは、焚き火をしながら石田倉庫の人達と楽しい時間を過ごしました。皆さんお疲れさまでした。
去年の11月にたまたま見つけたこの場所に来て、色んな人と知り合いになりました。
去年の今頃は、こんな生活を送っているとは思いもしなかったので、出会いって不思議だなと思います。


soko14

展示の様子

soko14

展示反対側

soko10

奥の方
s0ko12

soko18